記事

都議選は無効?!東京都にもある「一票の格差」

取り上げるのが遅くなって恐縮ですが、6月の都議選にも看過できない「一票の格差」があったとして元最高裁判事が提訴を行いました。

都議選も「1票の格差」、元最高裁判事が提訴
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/national/20131002-OYT1T00787.htm

都議選における選挙区割は2001年を最後に行われておらず、今や人口比で最高3.2倍もの差が開いており、憲法で定められている投票価値の平等を無視し、また公選法にも反している、との主旨です。

国政でもそうですが、この一票の格差についてはたびたび違憲判決が出されるものの、「無効」にはならないため、「わかっちゃいるけど、まあいいか」状態での先送りが続けられています。

その最大の理由はもちろん、議員同士の利害関係です。

たとえば都議選で定数の是正をしようとするとですね、我が選挙区である北区は見事に「議席数と人口比がオカシイ区」にノミネートされまして、

リンク先を見る

※『都議選「千代田区特例廃止を」元最高裁判事提訴、初弁論』より抜粋
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013100202000234.html

適正数に従えば北区の定数は「4→3」となり、最下位でギリギリ議席をいただいた私としましては文字通り死活問題になるわけであります(苦笑)。

そういう状況に追い込まれる議員たちの皆が皆、現状維持的な主張を続けた結果、12年間も問題が残されてしまったわけです。

とはいえ、言うまでもなく一票の格差はすぐにでも解消すべき重要項目です。

せっかくなので「なんで格差がダメなの?」というお話を付け加えますと…

ある学校で、校長先生の信任決議が行われるとします。(そんな学校ないと思いますけど。苦笑)

この学校は文系40名が1クラス、理系が30名ずつ2クラスです。

全員が集まって議論することは現実的ではないので、各クラスの代表者を選んで討議・議決することにしました。

各クラスの予備選挙の結果は以下のとおりです。(○=校長を信任、×=校長を罷免)

文系クラス=○派35名、×派5名

校長信任派の代表者が選出される

理系クラスA=○派10名、×派20名
理系クラスB==○派10名、×派20名

校長罷免派の2名が代表者に選出される

こうして3名の代表者で改めて校長の信任を問いますと、×派が多数で校長は罷免されます。

ところが、絶対数で見れば

○派55名、×派45名

で、多数決では校長は信任されるはずだったのです。

このように、人数格差のある状況で代表を選出してしまうと、民意の結果がねじ曲げられるというのが、一票の格差の本質的な問題点です。

以上はあくまで喩え話ですが、国政の場ではすでに人口の少ない地方の票の重みがどんどん増していき、その結果農政などの政策が歪められているという具体的な指摘もあります。

東京都においては、これほど極端な政策の歪みは起きないかもしれませんが、だからといって先送りや放置は許されません。

127名という議員定数の是正(削減)も含めて、自らの立場を恐れずに「おかしいものはおかしい!」と主張し続けていきたいと思います。

…4年後どうしよう。。((;゚Д゚)オレシラナイ

ではでは、本日はこの辺りで。

あわせて読みたい

「一票の格差」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。