記事

シリア情勢(7日)

シリアについても授業の関係でごく手短に

・化学兵器廃棄ミッションは、順調に仕事を始めたようで、先ずは運搬用のミサイルや弾頭などを破壊した模様です。

これについては、米のケリー長官もシリア政府の協力を高く評価しているが、CNNの大統領府特派員は、最近のオバマ側近のアサド政権に対する言葉使いは依然とは大きく様変わりしていると話していました。

どうやら、化学兵器は政権の生存にとって不可欠ではないので、ここは米国等に対して協力姿勢を見せることが得策だとのアサドの思惑が成功しつつあるようで、alqods al arabi net は、シリア情勢の動きに対してサウディが危機感を深めているとの英紙の報道を紹介している(サウディの本音に関する報道は基本的に確認しようがない)。

もしかすると、シリア内におけるイスラム過激派の台頭、イラクにおけるアルカイダ系によるテロの急増を受け、シリアの情勢が大きな転換点にきているのかもしれません
http://www.alquds.co.uk/?p=91177
http://www.aljazeera.net/news/pages/1bfd3d7c-e837-4c17-b3bd-26eef50e92ea

・7日はシリア空軍がまた活発に活動を始めたようで、特にダマス周辺で多くの町を攻撃し多数の死傷者を出した模様です。

特にhomouriyaの町では爆撃で数十名が死亡した模様です。
その他zubdani,maadamiya,arabain 及び複数の村落が爆撃されたとのことです・
またイドリブでも空爆が行われた模様です。
他方ダラアでは空軍機1機が撃墜され、乗員は落下傘降下したが、その運命は不明の由。

・その他ハサカ、タルトウス、ダマス周辺、ダラア、イドリブ等でも地上戦が続いている模様。
http://www.aljazeera.net/news/pages/7555174e-ab78-4f4b-a8ee-4c33a89305e3

・政府軍は数週間の激しい戦闘の後、アレッポ―ホムス間の主要補給路である幹線道路を開鑿した。
(このニュースが本当であれば、戦力的に重要な意味を有すると思われる)
http://www.alquds.co.uk/?p=91188

・国連によれば、2014年にはシリアの難民は四百万人に達する可能性があるとのことである。
シリアの人口が2100万程度として、この数字は5分の1もの国民が難民となることを物語っているが、確か先日の国連の数字では、国外難民200万、国内避難民500万人であったので、1年で難民数が倍増することになるが、これだけの難民を周辺国がどうして扱うのか重大な人道危機が(現在でも既に生じているが)迫っていると思います。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2013/10/08/الأمم-المتحدة-تتوقع-لجوء-ونزوح-4-ملايين-سوري-جدد-بـ2014.html

あわせて読みたい

「シリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。