記事
  • Willy

米国に住む日本人小学生の生活

日本の小学校でも外国語活動が必修科されるなど英語学習熱が高まっている。日本人にとって言葉の構造や音が大きく違う英語の学習はなかなか難しい一方で、英語圏からの帰国子女は、英会話がうまかったり、海外の一流の大学や大学院に合格しやすかったりと、羨望の眼差しで見られることも多い。しかしながら、日本語と英語の両方を習得するためにはそれなりの労力がかかっていることもまた事実だ。そこで、米国在住の日本人小学生として、おそらくごく標準的な生活を送っている、小学2年生の娘の普段のスケジュールを紹介したいと思う。

現地の小学校は月曜日から金曜日までで、午前9時から午後4時までの授業だ。娘の場合は、月曜から木曜までは、その後5時半頃までいわゆる学童保育で友達と遊ぶ。日によっては、学校で催されるお絵書き教室やサイエンス教室などの課外授業などがある日もある。宿題は、今はまだ年度初めのため、ごく簡単な計算プリントを1日1枚、それに加えて、週1回二十くらいの単語を使った英作文と書き取りが出ている程度だ。今後は、1日20分の読書とか、「冷蔵庫にあるものを書き出そう」といった簡単な課題が加わることになるだろう。宿題は、主に月曜から木曜日に出るため、週末にやるものはほとんどない。ちなみに、娘の小学校は少なくとも4割がバイリンガルだが、少なくとも読み書きの能力において、バイリンガルの生徒の学力は、英語のみの子よりも平均すると少し高いように思う。

平日の夜は、夏なら私と散歩に出かけたり、それ以外の季節であれば、家でボードゲームをしたり、日本語や英語の本を読んだりして過ごす。英語の本を読む時間を除けば、生活は全て日本語だ。娘が英語で話しかけた時は日本語に直させる。先日、娘が「でも、ここはアメリカでしょ。」と言うので、「家の中は日本だ。よく覚えておけ。」と言っておいた。妻の実家にSlingboxを設置してもらい、録画した日本のテレビも見れるようにしてあるが、操作性の問題や、回りに日本のテレビを見る人がいないせいで、なかなか気が向かないようだ。

そのほか、金曜日はピアノを習いに日本人のピアノの先生のところへ行っている。米国の小学校では音楽の授業で楽譜を読ませないことも理由の一つだ。毎日少しずつ練習するという習慣も大事だろう。また、学童保育に行く日数が少ない学期は、水泳教室に週1回行っていたこともあった。

土曜日は、車で40分ほどの距離にある日本語補習校に通う。授業は午前8時55分から午後3時15分までだ。国語が3時間に算数が2時間、それに音楽や課外活動が1時間という構成のようだ。あいにく家から離れているので、私は娘を車で送ると、近くの喫茶店や図書館で仕事をして時間をつぶし、そのまま娘を迎えに行く。放課後に、図書室で日本の本とマンガを借りる。海外で日本の本を入手するのはコストが嵩むので、これはありがたい。娘にとって家族以外の日本人の子と触れ合えるのは補習校だけなので、その後は、なるべく友達と遊ばせるようにしている。ついつい私も子供と一緒に遊びたくなるが、子供に社会性をつけさせるためと思い、最近は他の子のご両親などと話すようにしている。娘も友達もなかなか楽しいようで、午後5時近くまで遊んでいることも多い。それでも中々帰りたがらないのが常だ。家に着くと午後5半頃になる。

日曜日は、補習校の宿題をやる日だ。国語と算数だけとはいえ、1週間分を1日で学習する上に、普段も日本語に触れる機会は少ないので時間がかかる。休憩時間を除いて3〜4時間くらいはかかっているだろう。算数はすぐに終わるが、熟語や作文などは、やはり時間がかかる。作文は親の助けもそれなりに必要である。日曜に予定がある週は、土曜の夜や月曜にも宿題を割り振る。

なお、日本語補習校は、他言語の補習校に比べ時間が長いことが多いようだ。中国語、韓国語などの補習校は土曜日に半日で終わるというケースが多い。というのも他言語の補習校が、米国への永住者を対象にしたヘリテージ教育の側面が強いのに対し、日本語補習校では、将来日本へ帰国することを前提としたカリキュラムが組まれていることが多いためだ。

以上のことをまとめると、米国に住む日本人の小学生は、英語で週5日、日本語で週2日勉強し、足りない分は本を読んでなんとか補うという感じだろうか。大雑把に言って、2つの言語を完全に習得するには2倍の学習時間が必要だ。ただし数学や科学的な知識をはじめいわばメタレベルで理解する内容については、一つの言語で学習すれば内容を他言語にも転移させることができるので、それぞれ本来の7割くらいの時間で、なんとか両方身につけるというイメージだろう。それでも、小学4年生にもなれば、完全に両方とも学年相応のレベルでついていくのは相当大変になるようだ。

英語圏の大都市に住む日本人の子どもは、他言語教育の環境に恵まれている。言語ごとに完全に別の環境を作って学ぶことができるからだ。しかし、だからといって、二言語を学ぶ労力が小さいというわけではないという事は、米国で育った日本人や帰国子女と接する全ての日本人に理解して欲しいと思う。

あとがき

実は、この記事を書こうかどうかしばらく迷った。というのは、在米日本人の方や英語圏で子育て経験がある日本人の方にとって当たり前のことしか書けないからだ。それでも、やはり、そうではない全ての方に事情を知って頂きたいと思い、書かせて頂いた次第である。

あわせて読みたい

「英語教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  4. 4

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。