記事

普通に「普通」という言葉は怖いよね。普通

赤木智弘の眼光紙背:第291回

 朝日新聞の社説が恐ろしいことを言っている。
 タイトルが「反差別デモ ふつうの感覚を大切に」だ。
 曰く、隣国を煽り、在日コリアンを追い出したいとは一般の市民感覚とはかけ離れている。だから、ふつうの感覚を大切にしたいということだ。(*1)

 僕はこの社説は、あまりにも暴力的で恐ろしいと感じる。
 そもそも、僕はいつもこの「ふつう(以下、普通)」という言葉に脅されてきた。「大学に行って就職して正社員になるのが普通だ」とか「30過ぎたら結婚して家庭を持っているのが普通だ」などという、有形無形の圧力に、僕はいつも押しつぶされそうになっている。

 他の立場で言えば、LGBTの人たちなどは、「普通は異性と恋愛をするものだ」「普通は男はスカートをはかないものだ」などと普通の性の体現を押し付けられて、アイデンティティを抑圧され続けている。

 そして何より「私たち普通の日本人」とネットで称する連中が「在日は出ていけ!」と、彼らの中での「普通」を主張するのが、この記事の中で「一般の市民感覚からはかけ離れている」とされるヘイトスピーチではないか。

 このように「普通」という言葉が意識的に使われる場合、大抵の場合に包有される意味は、他者に対する、特にマイノリティに対する一方的な断絶という意思表明である。

 いろいろな主張に対して「でも、普通はこうだから」といって、ありうるはずの多様な異なる視点をウヤムヤにし、複雑な話を単純にまとめてしまうことこそが、この普通という言葉の意図である。

 そしてそのことは、他国に対する嫌悪という複雑な問題を、相互理解によって解決しようとするのではなく、安易に「ヘイトスピーチ」とされる一部の言葉を禁止することによって解決しようとする、反ヘイトスピーチ側の姿勢そのものである。

 そしてそれはまさに「言論弾圧」という個人の人権に対する暴力である。ヘイトスピーチとして認識される他人への悪口を言うだけで違法となる社会なんて、僕は絶対に嫌である。

 みんなが違法だからと口先だけで他者への美辞麗句を並べながら、心の奥底では他者への憎悪が煮えくり返っている。そんなディストピア社会を目指したいのだろうか?

 かつては、普通の左派であれば「他人が自分と異なる意見を言おうとも、その権利は守るべきだ」と普通に主張したはずだ。ところがそんな普通の感覚は無くなってしまった。朝日新聞までもが、普通なら言論弾圧とも言える反ヘイトスピーチを賛同的に扱う始末だ。どう考えてもこれは普通ではない。

 まぁ、普通に朝日新聞で社説を書くような人だから、我々普通の一般市民とは、かけ離れた感覚をしているのだろう。彼らの考える普通は、全く僕にとっての普通ではない。そして僕は僕の持つ普通こそが世間一般の普通であり、朝日新聞の普通が世間一般の普通だとは、まったくもって思わないのが普通に決まっているじゃないか。

 最後は少し嫌味で普通という言葉を並べ立ててみたけど、このくらい言わないと「普通」という言葉のグロテスクさが見えなくなってしまっている。そんな社会になってしまったのだなと、僕は思う。

*1:(社説)反差別デモ ふつうの感覚を大切に(朝日新聞)
http://digital.asahi.com/articles/TKY201309240562.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201309240562

あわせて読みたい

「ヘイトスピーチ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  3. 3

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  4. 4

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  6. 6

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  7. 7

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  8. 8

    原発なくとも東電の電力は余裕

    かさこ

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    山本太郎氏は都知事選に出るべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。