記事

TVコマーシャル、リーチは頭打ちだが売上増続き「広告の王座」を堅守

TV広告の天下がまだまだ続きそうだ。

 先進国では、ラジオ、雑誌、新聞といった伝統メディアの各広告費が、次々とインターネット広告費に追い抜かれてきた。そして次はテレビ広告費もネット広告費に屈し、近いうちにトップの座から引きずり落ろされると思われたのだが・・・。確かにインターネットの台頭によって、米国でも消費者のテレビ離れが始まり、それに応じてTV放送のリーチも縮小傾向が続いているのだが、それにもかかわらずTV広告費は一貫して増え続けているのだ。

 米国のTV広告費およびTV視聴者数について、四半期単位の成長率(前年同期比)の推移を示すグラフを見てみよう。最近の8四半期続けて、TV視聴者数はマイナス成長になっている。つまりTV広告のリーチは狭まっている。それなのにTV広告費は、一貫してプラス成長を継続しているのである。

リンク先を見る
(Marketing Chartsより)

 なぜTV広告費は増え続けるのか。消費者が商品購入などで最も影響を及ぼす広告メディアとして、TV広告が未だに抜きんでているからのようだ。多くの調査ではっきりと示されている(こちらの記事で調査事例が数多く紹介されている)。たとえばテレビ離れが進んでいると見らる大学生でも、以下のBarnes&Nobleの調査結果グラフのように、最も影響を受けるメディアとして回答者の42%がテレビをあげていた。20%の学生は購入決定にメディア広告の影響を受けないと答え、10%は雑誌広告、8%はフェイスブック広告をあげていた。

リンク先を見る
(Marketing Chartsより)

 このため米国の広告主は、TV視聴者1人当たり平均で年間225ドルも投じているのに対して、オンラインユーザー1人当たり144ドルに抑えている。PricewaterhouseCoopers (PwC)のデータをもとにMarketing Chartsがまとめた広告メディア別の市場規模の予測でも、TV広告の市場規模は2012年の638億ドルから2017年の816億ドルと、今後も増え続けると見ている。2017年のインターネット広告の市場規模を694億ドルとはじいているので、TV広告は依然としてトップを走ることになりそう。

リンク先を見る
(Marketing Chartsより)


◇参考
Data Dive: US TV Ad Spend and Influence (Updated – Q2 2013 Data)(Marketing Charts)

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    韓国で増えるコロナ新規感染者 日本との違いはワクチンか

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 09:38

  2. 2

    石破茂氏「核兵器の保有も白地的に議論される韓国の動向に日本は関心を持つべき」

    石破茂

    11月27日 16:18

  3. 3

    現役世代への負担増、コストの高いクーポンばらまき…岸田内閣の経済対策は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月27日 10:41

  4. 4

    年収1000万円以上の世帯が4割超 東京23区の“超高収入エリア”は

    NEWSポストセブン

    11月27日 16:34

  5. 5

    ひさしぶりの良作なのにかわいそう…NHKが朝ドラ存続のために今すぐやるべきこと

    PRESIDENT Online

    11月27日 11:53

  6. 6

    ο(オミクロン)株は第6波になる可能性

    中村ゆきつぐ

    11月27日 09:39

  7. 7

    「イヤなことを連続でさせると無気力になる」。子どもの熱量を冷まさないで。(野田クリスタル)

    ベネッセ 教育情報サイト

    11月27日 15:23

  8. 8

    オミクロン株の国内流入を水際で防げたら、岸田内閣はさすが、と言えるのだが・・

    早川忠孝

    11月27日 14:23

  9. 9

    南アの保健相「規範に反している」と批判 世界各国による渡航制限の決定受けて

    ABEMA TIMES

    11月27日 17:57

  10. 10

    実質GDPがコロナ前の水準に戻っても経済正常化とは言えない理由 - 斎藤 太郎

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。