記事

「あまちゃん」は史上最高の朝ドラ!? なんてったって「テレビ的」なのだ

1/4

「三代前からのマーメイド・・・ 親譲りのマーメイド・・・」


9月25日放送の「あまちゃん」。

最終週「おらたち熱いよね」の第153回。

この回は抜群に良かった。

北三陸で「潮騒のメモリー」を歌う鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)のシーンを繰り返し見ている。

それにしても「三途の川の」を「三代前からの」に変容するとは良い意味で視聴者の期待を裏切った。 

何度見ても良い。

何度見ても泣ける。

まるで牛の反芻のように見ているが、本当に最後の最後まで引っ張られる。鈴鹿ひろ美が元の歌詞「三途の川のマーメイド」(なんてふざけた歌詞だ!)を変えて、夏、春子、アキの3世代の女性たちへ捧げる歌に仕立て直した。

「あまちゃん」がもうじき終わる。早くも「あまちゃんロス症候群」続出も予想されている。間違いなく私もその1人になる。

さて、少し前までテレビ制作の現場に身を置き、現在はテレビ批評を仕事の一部にしている人間からすると、「あまちゃん」は「テレビ」というメディアの魅力を再発見させてくれた画期的な番組だった。

「あまちゃん」が歴代最高かどうかは人によって判断が違うかもしれないが、私の中では最高点に近い。その要素として、これまでの朝ドラとは決定的に違うところがあるので指摘しておきたい。

「なんてったって”テレビ的”」という革命性

「あまちゃん」はこれまでの連続テレビ小説とは比べものにならないほど、「テレビ的」であり、「テレビ」として優れている。

・・・などと言われても、テレビ関係者じゃないと、あんまりピンと来ないですよね。

テレビなんだから、テレビ的だなんて、当たり前でしょうと。

はい、そうですね。以下、ちゃんと説明します。

テレビ制作者や批評家が集まると、よくこんな議論をする。

「テレビの特徴って何だろう?」

「テレビの魅力って何だろう?」

「今のテレビはそうした魅力が失われているのではないか?」

特に、ドラマについて、こんな話が出る。

「映画じゃなくて、テレビドラマでやる意味は何だ?」

「なぜ、わざわざテレビでやるのか? 映画でやった方が良いでのは?」

この議論には正解はない。

正解がないけれどもテレビ屋たちが漠然とイメージしていることがある。

テレビと映画は決定的に「違う」ということだ。

映画は、作品として、自己完結している。

閉じている、と表現しても良い。映画が終われば、そこで物語も完結する。

ところが、テレビでは作品の終わりは物語の完結ではない。

完成した作品になっていても、どこかで「なんちゃって」という気恥ずかしい感じ、スタジオコメントで茶々を入れて語りたい感じ、別の番組で後から感想を言い合ったりする余地が残る。自己完結せずに視聴者ともつながっている。お茶の間とスタジオがつながっているイメージを、少なくとも制作者側は持っている。

つまり「テレビ的」という形容は、「ライブ感」とか「生っぽさ」と言い換えられるかもしれない。

「未完成」「現在も進行中」。 そんなイメージだ。

閉じていなくて、作品としては完結せずに未完成だけれども、それこそがテレビだ、だって今だもの、というような時にテレビ業界の人は「テレビ的」という言い方をする。

たとえば、同じ小泉今日子という役者が演じていても、映画では観ている側は彼女が演じる「役柄」に没頭・集中して観るのが普通だろう。

そこでは小泉今日子がかつてタレントだったか、どんな言動があったか、私生活がどうか、などということは意識されない。

通常は映画の中でネタにもならない。本人がどうか、というよりも、むしろ、その「役柄」が際立ってこないと観る側がストーリーに集中できないので、俳優も制作スタッフも必死に役づくりに励む。つまり、ふだんテレビのスタジオなどに出てくる小泉今日子の「実物」と、映画に出てくる小泉今日子は完全に「別物」なのだ。

テレビで出てくる彼女の他の仕事や私生活ともまったく異なる人物というのは映画だ。

ところがテレビは違う。

テレビでは「実物」が透けてみえてしまう

「別物」にならない。

「実物」が持つ雑多なイメージを引きずってしまうのだ。

バラエティ番組のスタジオトークなどで出る女優の姿が典型的なように、視聴者は小泉自身の私生活や「なんてたってアイドル」を歌っていたアイドル時代などを思い出しながら見てしまう。

歌番組でも、歌っている部分だけでなく、視聴者はその歌手の「素」の部分が出てくるのを面白いと感じる。つまり演じている部分と「素」の部分が連続し、つながっているのだ。

テレビでは、虚構の世界であるドラマの場合にも、どこかそうした性質が残ってしまい、過去の仕事や役柄、私生活などが二重写しになる面がある。

同じテレビという箱から、アイドル時代の歌う姿や私生活をめぐるトーク、ドラマでの女優としての演技までが時間差で出てしまうのでテレビの宿命といえる。さらに「生で」あることに最大の強みを発揮するので、視聴者の側もドラマを見ていても、小泉今日子その人をどこかで感じながら見る、というのがテレビ。

テレビとは、見る側が<人間の“素の部分”を透かして見る>メディア

で、「あまちゃん」に話を戻すと、

そのライブ感、「素の部分」の投影の加減が他のドラマに比べて半端じゃない。

とんでもなく「テレビ的」なドラマなのだ。

あわせて読みたい

「あまちゃん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  7. 7

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  9. 9

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  10. 10

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。