記事

ホワイト企業の労働者もブラック企業を生み出す下地を作っているのではありませんか?

労働基準法に定められている以上言い訳無用という側面あるのですが、ブラック企業糾弾の記事でいつも疑問に思うのは、見積り方式で受託仕事の場合残業超過分をどう工面するのか?という問題があり、ここには経営努力が必要な面も当然ありますが、

世の中でホワイト企業と呼ばれる大手企業や公共系の仕事であったとしても、見積り方式で受託しているために、実際には工数が増えているけれどその額面の金額しか受け取れないという現実問題があることについて触れられることがほとんどないのは何故なのでしょう。

まずわたしが一番辟易としたのは、こちらは納期を守るためにスタッフのスケジュールを仕事を空けて確保しているにも関わらず開始時期が遅延、結局空けていたスケジュール分が無駄になったけれど、あくまで成果物に対しての見積りなので最初の金額しか支払われず、挙げ句制作ページ数が減ったことでの減額は可能か?と聞かれたときには唖然としました。

また、別な案件では大手メーカーの関連会社で、自分の親会社は絶対見積り金額の追加を認めないのが慣わしだから…という理由から本来の納期から1年以上納期が延びるような事案であっても追加コストを一銭も負担しない会社があったことも驚きでした。

元請が公共、上場企業や組合が強いところであれば当然残業代もちゃんと支払われるでしょう。でもこちら下請け、受注側は見積り制で通常業務時間外に仕事のオーダーが入れば当然収益率は低下する訳です。

で、元請・発注側の社員が意識希薄だったりすると、どんどん時間外にオーダーきたり、前述のような待機で無駄な人件費を浪費する場面が多々あったりして、このご時世ですから見積りの段階でもいろいろコスト圧縮を工夫しているだけに、こういう無神経なオーダーが連続するとまったくその工夫が意味をなさなくなるんですよね、、、

すべてとは言いませんが、企業規模や客だという立場を利用し、中小・零細、フリーランスに無理な条件を押し付けているのが、ホワイト企業の労働者でその影響がブラック化の下地を作るようなことになっていないでしょうか?

先日ちょっと触れた生産性の課題もありますが(本当の経営管理能力が求められている今、チームスピリットを利用した勤怠管理やプロジェクト工数管理は企業の大小を問わずお勧めです!)、

    ●顧客都合による工数増加への受注金額訂正
    ●作業時間の超過に対しての見積り訂正

こういった調整がスムーズに進むような企業間取引の土台の整備も一緒に進める必要あるのではと強く感じます。

あわせて読みたい

「ブラック企業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  7. 7

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

  10. 10

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。