記事

10月19日激論が予想される研究力シンポジウムの練習(2)「床屋ー研究所」モデル

1/2

今回も10月19日に「日本の研究力を考えるシンポジウム」についてのシンポジウムの練習です。

ー第1回ScienceTalksシンポジウム開催!「日本の研究力を考える -未来のために今、研究費をどう使うか-」
日時:2013年10月19日 (土) 13:00~17:00
会場:東京工業大学 蔵前会館 くらまえホール  

http://www.sciencetalks.org/ja

 前回のブログではDさんの最初のご質問にお答えをしましたが、Dさんのご質問はまだまだ続きます。

“「減価償却費」は、施設・設備への投資額や債務償還費を反映するが、この比率が大きい病院ほど、相対的に人への投資額が少なくなり、一人当たりの診療の負荷が大きく、その結果、研究時間が少なくなる可能性が有ると考えられる。・・・・・・”投資できる手持ちの資金額が同じ場合、施設・設備に多く投資すると、人への投資が少なくなるのは理解できます。これは経営者の判断の問題では? 

 借入金で施設・設備へ投資した場合、ある決まった期間に返済する必要があります。この期間は、減価償却期間と同じでしょうか? よく分かりませんが、借入金の返済期間が短い場合、返済が終われば、減価償却費というのは現実にお金を支払うのではないのでしょうから、より多くの金額を人へ投資することができる可能性があるのではないでしょうか?

 借入金が大きいため、一人当たりの負荷が大きくなるのは現実の問題としてあるのかなと思います。でも、先生も否定されていませんが、施設・設備は研究に大きく寄与する要因の一つではないでしょうか。勿論、研究目的とか内容とか手段等によると思いますが。 過度の投資というのは、経営者の判断の問題が大きいと思いますが。

 投資できる手持ちの資金額<<借入金 ですか?    

 “研究時間が少なくなる可能性があると考えられる。” 可能性ですから否定は出来ません。でも、臨床医学論文の9割以上お金で決まる!!は少々抵抗を感じるのが本音です。

 今回は財務指標の一つである「減価償却費」をめぐってのご質問が中心ですね。「経営者の判断」のご質問については、「仮に論文数はほとんどお金で決まるということを認めたとしても、そのお金の財源の一部は経営判断で左右されるのではないか?」というご質問のように思われます。これは、論文数がお金で決まるかどうかという問題を一歩進めた高度なご質問ですので、答えは後に回すことにして、まずは、「減価償却費」なるものの会計的な解釈についてのご質問にお答えしたいと思います。

 「借入金で施設・設備へ投資した場合、ある決まった期間に返済する必要があります。この期間は、減価償却期間と同じでしょうか? よく分かりませんが、借入金の返済期間が短い場合、返済が終われば、減価償却費というのは現実にお金を支払うのではないのでしょうから、より多くの金額を人へ投資することができる可能性があるのではないでしょうか?」

 これは「減価償却費」についての基本的なご質問ですね。

 ご指摘のように減価償却費の償却期間と借入金の償還期間にはずれがあります。現在、国立大学病院が利用している国立大学財務経営センターからの借入による場合は、医療機器などの設備については、償却期間よりも償還期間の方が長く設定されています。(仮に医療機器の償却期間が7年とすると償還期間は1年据え置きの9年)。一方、建物については、その逆で、償却期間よりも償還期間の方が短くなっています。(仮に建物の償却期間を39年とすると、償還期間は5年据え置きの20年)。これらの合計でもって、各大学病院の毎年の償還額や減価償却額が決まることになります。今までの国立大学病院では、高額の医療用施設・設備費についてはほとんどが借入金で賄われてきており、少し長い目で見れば両者は概ね相関をしています。

 Dさんのご質問の、「借入金の返済期間が償却期間よりも短い場合、返済が終れば、より多くの金額を人へ投資できるのではないか?」というご質問についてですが、短期間の借入金償還を経常収入で賄えるほど経営状態が良ければ、Dさんのおっしゃる通り借金を返し終わった後は、次に建物や医療機器の更新をするまでの期間については、人を増やすことができますね。ただし、短期間の借入金償還が経常収入で賄えず、資産の取り崩しなどを行わなければならない経営状況であれば、話は変わってきますし、次期の施設・設備の更新までに残された期間が短ければ、その期間だけ人を増やすということは現実的には困難になります。

 国立大学病院でそのようなことが生じるとすれば、病院再開発時の建物建設の償還のピークが過ぎて、返済が楽になってきた頃ですね。ただし、医療機器の更新はけっこう頻繁に行わないと、大学病院は先進医療を維持できませんので、必ずしも人を増やすわけにはいかず、償還のピーク時に更新を控えていた先進医療機器の更新が人よりも優先されるかもしれません。ある大学病院の再開発計画を例にとると、償還のピークが過ぎるのは約25年後になっていました。つまり、人が増やせるとしても25年後ということになります。これでは、25年後に人が増やせるとしても、激しい国際競争には打ち勝てませんね。また、従来は、30年経つと病院の再開発を考えるので、次の再開発投資までの期間もそれほどありません。そんなことで、償却期間と償還期間の隙間を狙って人を増やすというのは、あまり現実的ではありません。

 「投資できる手持ちの資金額<<借入金 ですか?」  

というご質問に対しては、国立大学病院ではその通りです。

 基本的に、国立大学病院では、中期目標期間(6年間)については剰余金の留保が認められていますが、中期目標期間を超えて、剰余金を繰り越すことは困難です。財務省としては、繰り越せるお金があれば国に返還するべきであるという考えだと思います。その代わり運営費交付金が国立大学に交付されているわけです。運営費交付金は毎年削減され続けていますが、もし、各大学が将来の病院再開発のために剰余金を積み立てる余裕があるのであれば、財務省は運営費交付金の削減幅をもっと大きくできるという判断をするのではないかと想像します。

 42国立大学の附属病院の借金の総額がどのくらいあったかということですが、国立大学が法人化された平成16年の時点では約1兆円でした。最近ではその額は減少傾向にあり、9千億円を切っています。これは、法人化以降、各大学病院がいっしょうけんめい法人化前の国の借金を返しているととともに、新たな病院再開発の節減努力をして、法人化前ほどお金をかけなくなったということを意味していると考えます。ただし、今後デフレからインフレ基調となって、消費税が引き上げられれば、建設費が高騰する可能性もあり、借入金総額がどう動くのかについては、予断を許しません。

 「借入金が大きいため、一人当たりの負荷が大きくなるのは現実の問題としてあるのかなと思います。でも、先生も否定されていませんが、施設・設備は研究に大きく寄与する要因の一つではないでしょうか。勿論、研究目的とか内容とか手段等によると思いますが。」 

 施設・設備は研究に寄与する要因の一つです。ただし、今回の分析に用いた大学病院の「減価償却費」は、診療に使われる施設・設備を反映したものです。収入を生まない教育・研究用の機器については、医業収入で賄うことはせずに、公的な資金や医学部の予算で賄うことになりますが、このような教育・研究用機器の減価償却費は含まれていません。

 研究用の機器であれば、研究成果に直結するわけですが、医療用の機器の場合は、必ずしも研究成果には直結しません。ただし、間接的に研究につながることはあります。たとえば、最新式のCTスキャンを購入して、検査をした症例を集積すれば、臨床医学の論文が書けるかもしれません。しかし、必ずしも研究に結びつく医療機器ばかりとは限りませんし、また、大学病院の建物にいくらお金をかけても、あまり論文数には結びつきません。

 今回の分析結果は、診療に使われる施設・設備の投資については、一部の医療機器は論文数にプラスに働く面もありますが、研究にプラスに働かない医療機器や建物を含めてトータルで見ると、差し引きマイナスになるというふうに解釈されます。

   “研究時間が少なくなる可能性があると考えられる。” 可能性ですから否定は出来ません。でも、臨床医学論文の9割以上お金で決まる!!は少々抵抗を感じるのが本音です。

 Dさんが、「臨床医学論文の9割以上お金で決まる!!」という表現に抵抗感をお感じになるのは、きわめて常識的な反応ですね。僕が、内閣府のある委員会で、論文数を大きく左右するのはお金です、と申し上げたら、担当していた官僚のかたは信じられないという感じて否定的な発言をされましたからね。彼の主張は、科研費を増やしたのに論文数は増加していない、というもので、科研費そのものの存在意義を否定しようとするものでした。

 多くの政策決定者が、お金以外のファクターが大きいと思っており、研究費総額を増やす必要はないと思っているからこそ、このようなことをあえて僕が主張する意義があると思っています。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。