記事

それで残業が減るわけがない

 残業を減らそう云々という題目は、割と多くの職場で掲げられているように思います。もちろん超長時間労働が当たり前の職場も少なくありませんが、とりあえず「残業代を支払っている会社」であれば、結構な割合で残業抑制に取り組んでいるのではないでしょうか。もっとも、それが功を奏しているかと言えば大いに疑わしいところ、非正規への置き換えで残業(労働時間)を減少傾向に見せかけるのが関の山で、実際に掲げた通りに残業を減らすことに成功している職場がどれほどあるのか、まぁ大いに首を傾げます。

 典型的な付け焼き刃の対策としては「ノー残業デーを設ける」とかが挙げられそうです。「今日はノー残業デーです、残業をせず早めに退社しましょう」なんて呼びかけられても「知るかボケしばくぞ」としか言い様がありません。ノー残業デーになったからと言って、その日のうちに片付けなければならない仕事が減るはずもなく、はいそうですかと帰れるわけがないのは言うまでもないことです。無理に帰ったら、翌日の仕事が辛くなるだけですし。

 それでも会社主導でノー残業デーが設けられるとなると、総務(人事)部門と営業(現場)部門とのバトルに発展するわけです。ノー残業デーを守らせたい思惑と、勝手な規格に迷惑する実情とが合意を見ることは永遠にありません。しばしば残業に際して事前の申請を要求し、届け出のない残業は認めない=給与支払いの対象に含めない、なんて強制措置に発展したケースも目にしたものですけれど、こうなると残業を減らしたいのか、それとも残業代を減らしたいすなわち人件費を抑制したいのが本音なのかと訝しくも思えてきます。

 銀行の窓口には午後の3時ぐらいでしまってしまうところも多いですけれど、それぐらいやらないと勤務時間は後ろに伸びるばかりです。会社によっては定時を過ぎると電話が繋がらなくなるところもあったりしまして、まぁ仕事を翌日に先送りすることになるだけではありますが、とりあえず社員を早く帰らせる上では、顧客との接点を早い時間帯で閉めてしまうのは悪い手ではないのかも知れません。もっとも窓口や固定電話をシャットダウンしたところで、携帯にガンガン電話がかかってきては早急な対応を求められたりするものではありますが。

 ただ上記のような工夫もないまま、単に営業現場に向けて「ノー残業デーだから早く帰って」と迫るだけの、完全に社員に丸投げの無責任な残業削減策も横行しているように思います。本当に残業を減らしたいのなら、人を増やして一人頭の業務量を減らす以外に根本的な解決策はあり得ないはずです。しかるに決して人員は増やさない、逆に事前の申請がない残業を給与支払い対象として認めないことで人件費をカットしようとしている、それが目的であるかのごとき悪質なノー残業デー推進も、決して少なくないのではないでしょうかね。

 後はまぁ、仕事が終わればさっさと帰るタイプと、オトモダチが残っていれば付き合って残業するタイプ、どちらが積極的に採用されているかも考えられるべきだと思います。全てがコミュニケーション能力で計られる昨今、会社が喜んで採りたがるのは後者なのではないでしょうか。友達づきあいの良さそうなタイプを選りすぐって会社で働かせているのなら、必要もないのにコミュニケーションで残業している人が増えるのは当然のことと言えます。せめて不要な残業だけでも減らしたいのなら、もう少しビジネスライクな性格の人間を優先的に採用した方が良さそうなものです。

あわせて読みたい

「残業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    レムデシビル 世界で割れる評価

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。