記事

瓦礫の中の日記帳−いわきで見つけた思い出が詰まった一冊

今日は、福島県のいわき市の話をしたいと思います。

いわき市は、北部の一部が(福島第一原子力発電所から半径)30キロ圏内に入り、一時は、例えば車が入らず、したがって食料やガソリンが来ないことで、大変厳しい状況に直面しました。

しかし、いまではそういう状態は改善して、町には活気が戻りつつあるという状態です。

あまりにも風評が強く流れて、ごく一部が30キロ圏内に入るというだけで、いわき市で生活することが出来なくなりかねないということでしたが、渡辺敬夫市長をはじめ、関係者のご努力で、町は落ち着きを取り戻しつつあります。

ただ、津波の被害も当然受けています。その被害を受けた地域に行ってきました。200軒くらいの部落だったそうですが、いまは、瓦礫(がれき)の山で何も残っていない状況です。除去作業はこれから始まるということです。

結局、先日行った青森県の三沢市や八戸市もそうですが、津波は、非常に幅広い範囲で大変大きな影響を与えていることを改めて実感しました。

そして、その瓦礫の中で、私は、たまたま小学校低学年の女の子の日記帳を見つけました。だいぶ汚れていましたが、日記帳をめくると、その子どもが書いたと思われる絵や最後には家族の写真など、いろいろな物が一冊に閉じてありました。

名前も書いてあり特定できる状況でしたので、是非ご本人を探し出してお渡しくださいと私は市長さんにお願いしました。

こういう思い出の品が、まだまだ瓦礫の中には数多く埋まっています。もちろん、家族の財産などもあります。その一方で、瓦礫の撤去はしなければなりません。瓦礫の撤去1つとっても、非常に難しい問題がそこにあるということを、改めて感じました。

すべて流されたなかで、そういった個人の思いが詰まった物は、たった1つの宝物になるかもしれません。そういったものについては大事にしながら、しかし、瓦礫の撤去を進めていかないと復興は出来ないので、そういったことについて、現場現場でご判断いただきながらやっていくしかありません。大変難しいところがあるなと改めて感じたところです。

いずれにしても、かわいい日記帳がご本人の手に届くことを願わずにはいられません。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。