記事

【フリックス・オン・スティックス】、USBメモリで映画レンタル!ニッチャー自販機?

1/2

■レッドボックスやブロックバスター・エクスプレスなどレンタル自販機市場に、新たなレンタル自販機が登場した。
 ロサンゼルス郊外コロナ市に本社をおく自販機メーカーのAVT社は、映画などのレンタルコンテンツをUSBメモリにダウンロードする「フリックス・オン・スティックス(Flix on Stix)」を展開している。
 
 フリックス・オン・スティックスは、利用者が自分のUSBメモリを使い、映画をダウンロードして視聴するレンタル自販機なのだ。レッドボックスと同様にレンタルしたい映画を選び、クレジットカードで決済を行う。レッドボックスはレンタルDVDがでてくるが、フリックス・オン・スティックスはUSBポートにUSBメモリを差し込んでダウンロードを行う仕組みだ。USBメモリにダウンロードされた映画は、3日〜12日間のレンタル期間が終了すれば自動的に消去されるのだ。

 レッドボックスのようにDVDを返却する必要もなく、延滞料金も払う必要がない。また、レッドボックスは自販機にDVDを格納するために在庫に限度があり、作品の入れ替えやメンテナンスも必要となる。が、フリックス・オン・スティックスはコンテンツはデータであるので、ほぼ無制限に在庫をもつことができ、作品の物理的な入れ替えも不要なのだ。
 
 そして、媒体がDVDではないので廃棄物がなく、エコな自販機ともいえるのだ。また、映画会社はフリックス・オン・スティックスをレンタル自販機ではなく「ビデオ・オン・デマンド」としてみているため、新作映画がリリースされたときの「28日間レンタル猶予期間」が適用されないのだ。つまり、新作映画では、競合となるレッドボックスやネットフリックスより先にレンタルが可能となる。レンタル料金はコンテンツによっても異なるが、通常3日レンタルで3.99ドル、6日で4.99ドル、9日で5.99ドル、12日間で6.99ドルとなっている。
 AVTでは今年末までに、フリックス・オン・スティックスをチェーンストアやファストフード店を中心に約2,000台を設置する予定としている。また、目標として5年後には全米に2万台を展開するとしている。
 
 トップ動画:フリックス・オン・スティックスのプロモーション動画。コンテンツはテレビ番組、ゲーム、映画とあり、タッチスクリーンの下には「返却も延滞金も不要(NO LATE FEES - NO RETURNS)」と訴求している。ユーザーはクレジットカードで決算後に、USBポートにUSBメモリを差し込んでコンテンツをダウンロードする。ダウンロード中はポーカーゲームなどTVゲームが行えるようになっているようだ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。