記事

IOC、JOCの商業主義に日本全土の「東京五輪祝賀ムード」が急冷状態、クーベルタン男爵は泣いている

◆近代オリンピックの創立者、ピエール・ド・クーベルタン男爵(1863年1月1日~1937年9月2日)は、オリンピックで「一儲け」しようと考えていたのであろうか。商業主義に毒されているオリンピックは、毒されており、クーベルタン男爵が「泣いている」のは間違いない。

 「2020年夏東京五輪開催」が9月8日決定して、日本国中が一瞬、「祝賀ムード」で盛り上がり、「お祭り騒ぎ」したのも束の間、その熱気が俄かに「急冷状態」に転じ、「シラケ鳥」が飛び、単なる「から騒ぎ」に終わってしまいそうな気配である。

 それは、国際オリンピック委員会(IOC)指揮下で、日本オリンピック委員会(JOC)が、「オリンピック」「五輪マーク」「がんばれ!ニッポン!」「マスコット」「聖火」が知的財産として管理していて、これらをマーケティング活動に利用できるのは、オリンピックのスポンサー企業だけだとして、厳しく規制しているからだ。全国各地の商店街や小売店などが「オリンピック記念セール」を行ったり、「五輪に絡めたセールイベント」などを開催したりすると、「アンブッシュマーケティング」(便乗広告)として「権利侵害」と判断され、知的財産を保護する商標法(侵害の罪)や不正競争防止法に違反した場合、懲役10年以下もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる。また、民事訴訟では、高額の損害賠償金を請求されることになる。

◆本来、企業と文化・スポーツとは「メセナ」活動の関係であるはずである。すなわち、メセナとは、企業が主として資金を提供して文化、芸術活動を支援することであり、資金的バックアップや、企業が主催するコンサートやオペラの公演、スポーツなど各種イベントの開催などがある。メセナとは、フランス語で「文化の擁護」を意味している。

 だが、いまやオリンピックにおいて、これらの知的財産は、契約金や協賛金を支払っているスポンサーしか使用できない。IOCが最高位と位置づけているスポンサーは、「TOPパートナー」をはじめ、JOCと契約する「JOCゴールドパートナー」「JOCオフィシャルパートナー」などだ。その内容は、権利によって数種類あるといい、協賛金は、コカ・コーラやマクドナルド、P&Gなどが契約している「TOPパートナー」は、1社あたり数十億円とも噂されている。その下のクラスの「ゴールド」が6億円、「オフィシャル」が2億2000万円くらいという。

 日本では、知的財産侵害について鈍感に国民が少なくなかったけれど、中国の「偽物商法」や「商標法、意匠法侵害」が横行して、日本企業がかなりの損害を被る事態、あるいは事件が頻発していることから、ようやく知的財産権保護の意識が高まってきている。

 そうした変化のなかで、IOC、JOCが、オリンピック関係の知的財産の管理を厳重にしていて、侵害行為を発見した場合、これに対して、単なる抗議や排除処置に止まらず、

法的措置も辞さない厳しい態度で臨むということが、マスメディアを通じて、大々的に報道されたことから、全国各地の商店街や小売店をはじめ、大中小零細の企業各社も、大いに「ビビリ」始めたのである。

これに加えて、東電福島第1原発の放射能汚染水が海中に大量流出している事件が、未解決であり、依然として「継続犯」として続いていることに対して、国民の多くが、「2020年夏東京五輪開催」をも危ぶみ始めている。

これらの恐怖や不安が高じて、一週間そこそこで、「東京五輪祝賀ムード」が、一気に冷え込んできているのだ。

◆いまのオリンピックは、あまりにも「商業主義化」している。入場料収入よりもテレビ放送権料と公式スポンサーの協賛金の割合が上回り、大企業中心のいわゆる「宣伝媒体」に堕落しており、さらに、舞台裏では、金品の贈与、買春の斡旋、土地転がしの利権供与などが、巧妙に繰り広げられているという。

 今回、「東京五輪招致」に駆けずり回ったのは、安倍晋三首相が所属する自民党派閥「清和会」のいわゆる「文教族」として「スポーツ利権」を掌握している政治家とこれに加担している財界人、および官僚たちであった。

「東京五輪招致」を提唱し、熱心だったのは、石原慎太郎前東京都知事(日本維新の会共同代表=中川派→福田派「清和会」)であった。安倍晋三首相の祖父・岸信介元首相に可愛がられ、福田赳夫元首相の直弟子であった自民党派閥「清和会」会長を務めた森喜朗元首相(日本体育協会元会長)、下村博文文科相は、「清和会」メンバーであり、安倍晋三首相に忠勤を励んでいる。橋本聖子参院議員も、「清和会」会長・町村信孝元官房長官の下にいて、いま新設が取り沙汰されている「スポーツ庁」の初代長官(スポーツ担当相)の最有力候補とされている。ズバリ言えば、今回の「東京五輪の利権」は、これらの政治家が完全掌握しており、「美味しい蜜」は、すべて吸い上げる仕掛けになっている。踊らされているのは、無垢のスポーツ選手であり、大多数の国民であることを見逃してはならない。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  9. 9

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。