記事

健康被害その1|脱法ドラッグの現況2013夏

わが国では、脱法ドラッグ問題がピークを迎えたのは2012年、今年の春以降は、いくらか好転の兆しがみえているようです。
その根拠として、以下の各点をあげることができます。

・愛知県や福岡県のデータによると、脱法ドラッグ関連の救急搬送件数に減少傾向がみられる。
・数字は把握できていないが、各地で、脱法ドラッグ販売店が減少しているといわれる。
・2012年12月以来、脱法ドラッグ関連の死亡事故が報じられていない。

いっぽう、脱法ドラッグ市場では、法規制に対応して新種の薬物への世代交代が相変わらず行われており、市場に供給される薬物の種類や、製品のバラエティーには大きな変化はみられません。

さらに、ユーザーの過半数を10代、20代の青少年層が占めていることも、すそ野の広がりを暗示しています。
いくらか好転したとはいえ、まだ終息には程遠い・・・これが現在の脱法ドラッグの状況であると思われます。

●救急搬送の件数は減少傾向

問題が拡大し始めた2011年秋ころ、まず社会を驚かせたのは、脱法ハーブを吸引した青少年たちに、急性中毒によって救急搬送されるケースが相次いだことでした。

下のグラフは、脱法ハーブ問題が浮上し始めた2011年4月から今年7月までに、愛知県内で報告された、脱法ハーブによるものと疑われる救急件数の推移を示したもので、愛知県が公表している「脱法ハーブが原因と疑われる救急事例に関する報告の集計結果について」(下記参照①)に基づいて私がグラフ化したものです。

愛知県は、脱法ハーブが原因と疑われる救急事例に関して、県内の各消防本部及び各救急医療機関からの報告を集計して公表しており、大変貴重な情報源となっています。(なお、2011年4月~2012年1月分は件数のみ、2012年2月以降については、発生場所、対象者の性別や年齢のデータもあります。)

このグラフが描き出しているように、愛知県では、2012年春から2013年春までのおよそ1年間にわたって、脱法ドラッグ関連の急性中毒が多発しましたが、今年4月ころから減少傾向が見え始めています。

リンク先を見る
↑愛知県「脱法ハーブが原因と疑われる救急事例に関する報告の集計結果について」(下記参照①)に基づいて私がグラフ化したもの

また、福岡県からも同じような動向が報告されています。西日本新聞の記事によると、脱法ドラッグによる中毒の疑いで救急搬送されたのは、2012年中では84人、今年1月から5月までで27人とのことです。2012年1月からの累計は111人を数えています(下記参照②)。

●ユーザーの過半数が青少年

上記で取り上げた愛知県のデータによると、愛知県では、2012年2月~2013年8月の18か月間で合計217人が救急搬送されました。その対象者を年齢層別でみると、下のグラフのとおり、10代、20代の青少年層が過半数(62%)を占めています。

リンク先を見る
↑愛知県による集計(下記参照①)に基づいて私がグラフ化したもの

いっぽう福岡県では、2012年1月~2013年5月までの16か月間に救急搬送されたのは111人。年齢層別にみると、

10代・・・12%(14人)
20代・・・45%(50人)
30代・・・31%(34人)
40代・・・10%(11人)
50代・・・2%(2人)  

数字は、西日本新聞の記事(下記参照②)によったものですが、ここでも愛知県と同じように、10代、20代の青少年層が過半数(57%)を占めています。

一般に、薬物乱用は青少年期に最も多い問題だといわれ、この年齢層が強く支持する薬物は、乱用拡大のペースが早いといいます。今の日本では、若い年齢層の使用者が最も多いのが脱法ドラッグ、次いで大麻ということになるでしょうか。

ユーザーの過半数を青少年が占めていることから、脱法ドラッグには、急速に乱用を広げる危険性が潜んでいるといえるのです。
まだまだ油断はできません。

[参照]
①愛知県サイトより
「脱法ハーブが原因と疑われる救急事例に関する報告の集計結果について」
http://www.pref.aichi.jp/0000062874.html
②西日本新聞「脱法ハーブによる救急搬送 5月までに27人」2013/06/15
http://www.nishinippon.co.jp/kitakyushu/news/20130615/20130615_0001.shtml

あわせて読みたい

「脱法ハーブ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  6. 6

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  7. 7

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。