記事

『オリンピック東京開催決定』報道をお休みする『新聞休刊日』の七不思議〜「私達の休息の権利のほうが国民の知る権利よりも優先される」(日本新聞協会)(キリッ

1/2

 うーん、56年ぶりのオリンピック東京開催が決定して日本中で歓喜の渦・祝福の嵐が巻き起こっています中、一人冷や水を浴びせるといいますか、空気を読めてないといいますか、いつ報道するの?今でしょ、といいますか、お馬鹿なタイミングで仕事を休んでしまったのが、決定翌日に『新聞休刊日』により全国一斉に休刊おわしました我らが日本新聞協会なのであります。

 オリンピック東京開催が決定した翌日・9日(月曜)の朝、新聞の朝刊が休刊(駅売りスポーツ紙除く)でがっかりした読者も多かったことでしょう。

 さすがにこのタイミングはまずいのではと、元読売新聞記者の方がエントリーで警鐘を鳴らしています。

さすがに五輪決定で休刊日はマズくねー?
http://blogos.com/article/69737/
 そもそも「新聞休刊日は販売店のため」だと説明しています、エントリーより該当箇所を抜粋ご紹介。
そもそも新聞休刊日とは何なのか?デジタル大辞泉の定義ではこうある。
 日刊の新聞が発行されない日。多くの新聞社がおよそ月に1日、新聞配達員の休養のために設定し、新聞の発行を休む。新聞休刊日。◆スポーツ紙・夕刊紙などは宅配分は休刊となり、駅売り・店売り分は発行されることが多い。
 というわけで基本的には、販売店のためだ。一応、11年、新聞業界にいた人間として補足しておくと、新聞社も全社的に休業。もちろん事件事故警戒で休日出勤している社会部や地方支局の記者は当然いるし、スポーツ記者は日曜や祝日に大概試合があるので休刊日でも当然休むことはない。編集局の当番社員以外にも、印刷工場やITシステムのメンテナンス作業を行うことが多い。

 なるほど、「多くの新聞社がおよそ月に1日、新聞配達員の休養のために設定し、新聞の発行を休む」ためなのだそうであります。

 当ブログでは実は過去にこの日本の新聞特有の制度である「新聞休刊日」について徹底的に調査したことがあります。

 お時間の許す読者は是非ご一読あれ。

2006-04-10 新聞休刊日の七不思議~北朝鮮も真っ青なスバラシイ言論統率!
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20060410

 この「新聞休刊日」制度ですが、調べれば調べるほど不思議な制度であることが検証できました。

 当時の調査で「7不思議」形式でまとめてありますので引用してご紹介。

●新聞休刊日の七不思議~全ては「偶然」の産物です by 日本新聞協会

【不思議1】その年の新聞休刊日は誰が決めるの?

 答えは「誰」も決めていません。

 業界団体の日本新聞協会によると、「休刊日は、各社の自主性に任されており、新聞協会が、ガイドラインを設定したり、指導したことはない」のであります。
日本新聞協会
http://www.pressnet.or.jp/index.htm

 つまり誰かが音頭をとって強制的に決定しているのではなく、あくまでも新聞各社が「自主的」に「独自判断」で決定しているのだそうです。

 不思議なこともあるモノです。

【不思議2】どうして全国紙も地方紙も新聞休刊日が同じ日なの?

 ここに朝日新聞販売社の新聞休刊日のサイトを見てみましょう。
  新聞休刊日
下記の日は朝刊がお休みになります。

2006年新聞休刊日
1月2日(月) 元旦の翌日 記事
2月13日(月) 第2月曜日
4月10日(月) 第2月曜日
5月6日(土) 第1土曜日・子供の日の翌日
7月10日(月) 第2月曜日
8月14日(月) 第2月曜日
9月11日(月) 第2月曜日
10月10日(火) 第2火曜日・体育の日の翌日
11月13日(月) 第2月曜日
12月11日(月) 第2月曜日

国政選挙・その他の事態により、日程が変更になる場合があります。
http://www.ync-net.co.jp/?%5B%5B%BF%B7%CA%B9%B5%D9%B4%A9%C6%FC%5D%5D
 次に秋田の地方紙のサイトから

平成18年 新聞休刊日

休刊日
1月 2日(月)付朝刊
2月13日(月)付朝刊
3月13日(月)付朝刊
4月10日(月)付朝刊
5月 6日(土)付朝刊
6月12日(月)付朝刊
7月10日(月)付朝刊
8月14日(月)付朝刊
9月11日(月)付朝刊
10月10日(火)付朝刊
11月13日(月)付朝刊
12月11日(月)付朝刊

※ 選挙など緊急の場合は発行することがあります。
http://www.sakigake.jp/saki/kyukanbi/kyukanbi.jsp

 備考の補足説明まで似ていますが・・・

 発行部数800万部の全国紙である朝日新聞も数万部であろう秋田魁新聞も「偶然」にも同じ休刊日でありますね。

 すごい「偶然」なのであります。

【不思議3】休刊日に駅の売店でスポーツ紙などは売っているのは何故?

 これも「偶然」です。

 あれは特別版といって、駅売りだけを目的としたモノで宅配はされない版です。

 スポーツ紙の特権でありますが、これも各社独自の判断で「偶然」にも各スポーツ紙が「独自判断」した結果です。

【不思議4】休刊日を勝手に増やしても、月決め定期購読者の価格に反映されないのは問題ないの?

 問題ありません。

 普通一般的に考えれば、休刊日が増えたら月に届ける商品(新聞)数は当然減るわけですから価格に反映されそうですがそうはなりません。

 まあそんなこといったら、コストの差を正しく価格に反映などそもそもできていたら、スタンド売り(店頭販売)の新聞はもっと安くできるはずです。ところが日本の新聞価格は配達料込みの宅配の方が安くなっています。

 なぜなら、独禁法特例と再販制度により法律で守られているからです。

 ですからいくら休刊日が増えても新聞の契約料は安くなりません。

 不思議な商品もあるものですね。

あわせて読みたい

「新聞業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。