記事

ギャップイヤーが注目されるのは「自分の足で立ち考え、視野広く問題解決できる学生が今求められている」ことの反映~米国の現状から想うこと

米国の学生のギャップイヤー取得率は、多くて1割。しかし、北欧では5割超

 USAトゥディ5月8日付によると、米国でもギャップイヤーを選択する学生数はわからないが、ペンシルバニア大博士後期課程で、ギャップイヤーの効果を研究しているニナ・ホエ氏は、2%から10%の範囲だという。しかし、この10%という数字は、高校卒業後で大学入学前のギャップイヤーであって、米国ではもう一つの機会でキャリアとして位置付けられつつある「大学卒業後」「大学院修士課程修了後」「転職間(キャリア・ブレイクとも呼称)」のギャップイヤーは反映されていない。私の印象では、おおよそ米国の2割の若者(大卒者)が本人が意識している、していないに関わらず、本業のアカデミアから離れた3ヵ月から24ヶ月の社会体験・就業体験であるギャップイヤーを取得していると思う。

 オスロにある「北欧イノベーション・リサーチ・教育研究所によると、米国と対照的に、ノルウェー、デンマーク、トルコなどでは大学入学前の50%をはるかに超えている」と言う。だから、米国はギャップイヤーの進展は、まだまだこれからということになるかもしれない。

 また、ギャップイヤーに対する見方も変わって来ている。従来は、米国でのギャップイヤーに対する否定的な考え方は、「金持ちのすること」と「高校から大学へと決められた"コンベア・ベルト"から外れること」だった。これは、09年にギャップイヤー支援NPO「グローバル・シチズン・イヤー」を設立したアビー・ファリック代表が言う。実際このプログラムに参加する高卒者の8割が財政的援助を受け、3人にひとりが全額奨学金を受けているから変化の兆しがある。

 「大学卒業後のギャップイヤー」の例では、南カルフォルニア大学のキャリアセンターが全学部生を対象に、学内のプレゼンテーション・ルームで、人気の高いTeach for America やPeace Corps(国際ボランティアの平和部隊)などの「ギャップイヤー・プログラム」の説明会を行っている。そこでは、大学院側のアドバイザーからギャップイヤーのメリットも聞ける。大学の日常シーン中で、キャリア(大学生の進路、生き方、働き方)の選択としてギャップイヤーが議論され、人材育成機能として根付き始めていることがわかる。

 ファリック氏は、ギャップイヤーは、大学という存在に対してその考え方と行動を変える鍵になる言う。例えば、アイオワ州の教育テスト会社であるACT社によると、大学新入生の約 3 分の 1 は、入学後、教育機関を変えると言う。それはなぜか。

自分の足で立ち考え、視野広く問題解決できる学生が今求められている~だから、ギャップイヤー!

 この現象を起こさせる要因は複雑だが、ファリック氏は「アメリカの教育システムは、本来必要な目的、独立、自信、根性、弾力性といった大事なものをないがしろにし、高校生を単に大学に押し出してしまっているからだ」と指摘する。

 米国では、残念ながら、個人的な成長のための ギャップイヤーを学生に推奨している大学はまだまだ少ない。そんな中、プリンストン大学は、完全奨学金のギャップイヤー・プログラム(ブリッジイヤーと呼称)で毎年35 名の学生を提供している。名門ノース ・ カロライナ大学(UNC)チャペル ヒル校も、毎年7 人の学生が自分でデザインしたギャップイヤー計画に対し、ひとり$7,500 (約70万円)の奨学金を提供している。このモデルは、今年から東大が導入したFLYプログラム(大学入学した1年生に特別休学を与え、計画が認められた学生に最大50万円の奨学金)に近い。

 UNC グローバル ギャップイヤー奨学金組合のコーディネーターは「自分の足で立ち考え、視野広く問題解決できる学生が今求められている」と言う。(参考英文:We're looking for resourceful students who can think on their feet and are open-minded,)

 これは説得力があり、米国でも"トコロテン方式"で、高校生はさして深く考えない環境の中、大学進学し、迷って大学を変えたり、中退したりしている。だから高大の接続(transition)の中で、社会体験(ボランティアや課外留学、旅)や就業体験(インターンやワーホリ)のギャップイヤーが注目される。「自分の足で立ち考え・・・」は日本でも今、求められている人材像ではないだろうか。

(参考)
※「海外ギャップイヤー事情」60超記事の一覧リスト(右ナビ)→http://japangap.jp/info/cat44/

あわせて読みたい

「ギャップイヤー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  6. 6

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。