記事

飲食業のカンボジア進出について思う事。 : カンボジアどっぷり日記

友人に面白い記事を紹介してもらいました。

カンボジアで「50万円起業」 グローバル化がもたらす新しい自由

この記事は色々と示唆に富んでいて興味深いですな。

まずもって、50万円=約5000ドルで練習は安いのだろうけれど、
日本で開業したい人がカンボジアで練習してどうすんだ?
というツッコミを入れたいっす(笑)。 これに疑問を持たない人っているのですかね?

話が進まなくなるので、まぁその点は1万歩ほど譲ったとして、何よりも、ゴールデンソリアモールの埋まらないテナントを埋めるための格安セール(契約期間1年限定)の特殊なエリアを例に上げて、カンボジア全体がそうであるかの様に起業を煽っているのが、これまた多くの人に誤解を招くので良くないですね。
何しろ、この記事で書かれているマンガ喫茶も相当苦戦している様ですから。
プノンペン市内のいい場所は、かなり家賃は高いです。
家賃だけで1か月数千ドルなんてのもザラです。安い家賃には安いなりの理由がありますわ。

あと、最近急に日本企業の進出が随分盛んになって来たのはいいのですが、この記事みたいに「カンボジアだったらシロートでもビジネス出来る!」と本気で思って来ている人が結構多い様な気がするんですよね。
特にサービス業で、もっと言うなら飲食関係で。

最近、雨後の筍の様に増えている日系の飲食店について私の勝手な意見を言わせてもらいますと、まずもって多くのお店がカンボジアでの飲食業の競争の激しさやマーケットの小ささを全く想定していないという所が何とも香ばしいなと思っていたりします(笑)。
こればかりは、若さや勢いやポジティブだけではどうにもならない。

私、金融と経営のコンサルを長年やってましたけど飲食業はほとんど手掛けた事がないのであまりエラそうな事は言えませんが、ビジネスをやる上において、誰を対象に商売をするのか?という視点が重要だという事は、どんな業種であっても共通だと思っております。

プノンペンの人口は、200万人とも300万人とも言われていますが、その中で富裕層と言われる人たちは1~2%程度。日本人に至ってはカンボジア全体で邦人在留届を出しているのが2000人程度と言われているので、プノンペンだけで見ればおそらく1000人もいないかと思います(非常に大雑把な推測です)。
当然、みんなが毎日外食する訳ではありません。

富裕層(物凄い金持ちが結構います)や日本人相手の商売であれば高いレベルでの店づくりと商品の品質とサービスが必要になりますが、そんな店には普通のカンボジア人は敷居が高すぎて入れない。

普通のカンボジア人が気軽に入れるような価格で薄利多売(日本人目線で)でやろうとしても、日本人店長やマネージャーが1人入っている時点でコストが合わない。というか、そもそも日系の店というだけで高いという印象を持たれてカンボジア人は入らないですが・・・。

結局の所、我々日本人がカンボジアで飲食業をやろうとすると、カンボジア人の中流アッパー層から富裕層と、カンボジアに観光やビジネスで来る外国人を相手にするしか無いかと思います。

しかしながら、最近急激に増えている日系の飲食店は、誰を対象にしているのか分からない低予算が丸わかりの安い店作りの中途半端な所ばかりで、案の定、中途半端にしかお客さんが入っていません。
こういう店に来るお客は上記の顧客層の中でも更に少ないので(たまに気まぐれで入るだけ)、こんな店作りではこの少ないお客さんを取り合って共倒れ必至です。

私の勝手な考えを言わせてもらいますと、
「カンボジアだったらシロートでもビジネスが出来る。」
「日本の高いレベルのサービスや付加価値を提供できれば上手く行く。」
などと簡単に思っているのがそもそもの間違いですな。


富裕層や口うるさい日本人(ちなみに西洋人はサービルと価格のバランスにもっとシビアです)を顧客にしようとするのであれば、中途半端な店づくりや商品ではお話になりません。
「カンボジアであれば、素人でも低予算でも飲食業が出来る」などと思うのは、失敗への第一歩です。そもそもの顧客の設定からして見誤っています。

繁盛している日系の飲食店を見に行けば、私が言うまでも無くそれは一目瞭然です。
中途半端な安っぽい店づくりで成功している日系の飲食店は皆無と言っていいでしょう。

サービス業、特に飲食業への参入障壁がほとんどないのがカンボジアです。
また、競争の激しさが表から見ただけでは分かりにくいのがカンボジアのサービス業の特徴でもあります。
厳しい言い方になりますが、今まで飲食業をやった事のない素人や少ない予算しかない人がカンボジアで飲食店をやるのは、余程の事をしない限りお金をドブに捨てるのと同じ事です。

近頃、カンボジアへでの飲食店開業を煽っているコンサル(?)が結構いる様ですが、もし本気でカンボジアに飲食店を開きたい、もしくはそういう人に投資したいとお考えでしたら、彼らが今まで立ち上げたお店のお客さんの入り方・商品の価格帯・毎月の売上・客層などなどがどうなっているのかをよく見てから判断して欲しいと思います。
「2015年のASEAN経済統合で人が増えるので、それまで持ち堪えれば何とかなる。」なんてのは詭弁です。
もっと競争が激しくなるのに、今上手く行っていない所がどうして上手く行くのですかね?

次々と日本人の投資家を誘致して飲食店を作り、店を作ったら終わりという商売をしている人達がいます。彼らにとっては、店が出来てしまえば、その後は店が繁盛しようがしまいが関係ない様です。
これを私は、焼畑式飲食店開業ビジネスもしくは自転車操業的飲食店開業ビジネスと命名したいと思います(笑)。

繰り返しますが、激しい競争と小さなマーケットの中でどうやってやって行くのか、どうやったらお金を落としてくれるお客が来てくれるのかをよくよく考えて欲しいと思います。


話はズレますが、カンボジアでは古くて毎日ヒマそうな小さな店が実は大口のお客を持っていて儲かっていたりします。見た目だけでは全然分かりません。
買い物は知り合いの所から買うのがカンボジア人の特徴で、早い話、カンボジア全体が人脈優先ビジネス社会なのです。

よく外資系の会社がカンボジアで販売会社を立ち上げ、カンボジア人の営業マンを募集して販売活動をしていますが、大概のところは上手く行っていません。
カンボジア人は性格的にアポを取って商談に行くという外商的な営業は苦手で、ましてや飛び込み営業なんてのはもっての外です。
何よりも人脈優先の社会ですので、最初から人脈がある人はすでに自分で商売をやっています。
逆を言えば、人脈が無いから営業マンの募集に応募して来るのですね。
人脈優先のビジネス社会で、人脈が無い人がカンボジアで営業活動をしても結果は知れています。

あと、カンボジアで事業を始めた日本人がよく、「カンボジア人は働かない」とか「気が利かない」と文句を言っているのですが、カンボジアに来る前に、カンボジア人の性格や生産性に対してどの様な想定をして来られたのでしょうかね?

私の独断と偏見を元に、サービス業に限って言わせてもらえば、我々日本人の目から見ると、残念ながらほとんどのカンボジア人は仕事が遅くて生産性も悪いという判断になります。
サービスという概念も日本人と大きく違いますし。

サービス業での生産性だけで言うと、私の感覚的にカンボジア人は、
・ベトナム人&タイ人の約半分
・中国人の1/4~1/3
・日本人の1~2割
という所ですかね。
ASEAN経済統合でベトナム人が大量にカンボジアに入ってきたら、サービス業に携わるカンボジア人はかなりの人が失業するのではないかと私は心配しているくらいです。

そういったもろもろの事を見越してから、カンボジアに進出して頂けたらと思います。


中途半端なリサーチで中途半端にカンボジアに進出しておきながら、上手く行かないからと言って文句を言う人が多い気がします。
あと、無意識なのかもしれませんが、カンボジアを下に見て「自分だったら上手く出来るのではないか」と錯覚&勘違いを持つ人も多い様な気がします。
そんな人の話を聞いて、ため息が尽きない私を励ますおつもりで、
そんなに上手く行くんだったら、とっくに誰かがやってるわクリック!
を宜しくお願いします(笑)!
  ↓↓↓
リンク先を見る
にほんブログ村

私が農業に特化しているのはナゼなのか、その辺まで推察して頂けると幸いです。
まあ農業は農業で、カンボジア人のマネージメントには特別なやり方がある訳なのですが・・・。

あわせて読みたい

「カンボジア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  3. 3

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。