記事

米オバマ大統領が、巡航ミサイルによるシリア攻撃を決断、国連の潘基文事務総長は、韓国軍派遣を急げ

◆国連の潘基文事務総長(韓国出身、反日左翼・盧武鉉大統領の外交政策補佐官、外交通商部長官=外務大臣)が、シリア内戦を収拾できず、国連の無力さ、潘基文事務総長の無能、無策ぶりを全世界にさらけ出しているなか、米国オバマ大統領が8月26日、ついに米英海軍によるシリア攻撃を決定した。早ければ29日にも地中海に配備しているミサイル駆逐艦などから巡航ミサイルでシリアの軍や政府の拠点を限定的に爆撃する。

 米国は、財政難から国防予算を大幅削減しているうえに、アフガニスタンに駐留の米軍将兵7万人が、最大最強武装勢力タリバンによって「雪隠づめ」状態になっていて、身動きが取れないため、シリアに地上軍を派遣できない。このため、地中海に展開している艦艇から巡航ミサイルを発射して、シリアの軍や政府の拠点を限定的に爆撃、アサド大統領に大打撃を与える作戦だ。最終的には、アサド政権打倒を目指す。

◆オバマ大統領が、シリア攻撃を決断したのは、シリアのアサド政権軍が8月21日未明、ダマスカス近郊のザマルカ、アインタルマ、東グータなどを空爆した際、化学兵器(毒ガス兵器)を装填した爆弾を使い、死者1350人以上(このうち子供が約半数)、負傷者5000人以上を出したことだ。現場は、国連の化学兵器調査団が拠点としているところから8―16キロの地点で、シリア内戦開始以来最も大規模な化学兵器の使用となったことを確認したことによる。シリアに潜入している米CIA要員が、証拠を掴んだものと見られる。

 これを放置していると、シリアーパレスチナーエジプト「ムスリム同胞団」(ムルシ前大統領支持派)の関係から、エジプトが内戦激化から最悪の場合、「化学兵器(毒ガス兵器)」を使用することにもなりかねない。それどころか、シリア隣国のトルコにも戦乱が波及する危険もある。これらを事前に防ぐには、シリアの背後にいるロシア、中国、イランなどの反発を承知の上で、遅まきながら、空爆によりアサド政権を打倒しておく必要がある。

◆だが、情けないのは、国連の潘基文事務総長である。シリア内戦に対して、これを食い止めるべき手立てを何も施していない。このため、戦況は、ますます悪化するばかりで、一般市民の犠牲者は、増える一方である。早い話が、「アサド政府軍と反政府派」の停戦調停ができないのだ。本気で戦乱を止めさせようとする気持ちがない。

 潘基文事務総長がやるべきことは、安保理を招集して、速やかに内戦を止めさせるよう合意形成することである。当然、ロシアや中国が、拒否権を発動してくるだろう。

その場合、内戦停止を目的に、米英両軍を中心とする「多国籍軍」編成を事務総長権限で承認し、「国連軍旗」を与えてシリアに派遣すべきだったのである。この「多国籍軍」には、「韓国陸海空軍」も参加させなくてはならない。韓国出身の潘基文事務総長のメンツにと権威にかかわるからだ。これもできないようでは、事務総長の資格はない。

ベトナム戦争のとき、韓国軍は、ベトナムに派遣されて、勇猛果敢に戦った。とくに「陸軍猛虎師団」の奮戦ぶりは、今日まで言い伝えられている。もちろん、多くの戦死者が出たが、これによって、韓国は米国に認められた。その実績を思い出して、潘基文事務総長は、朴槿恵大統領とよく相談して、急ぎ韓国軍派遣を実現し、名誉挽回に努めるのがよかろう。ただし、平和憲法を持つ平和国家・日本の国民は、静かに高見の見物をしているしかない。

あわせて読みたい

「潘基文」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  3. 3

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  4. 4

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  5. 5

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  6. 6

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  9. 9

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  10. 10

    女子テニス協会が中国や香港でのトーナメントを全て中止すると発表 彭帥さんの告発問題で

    ABEMA TIMES

    12月02日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。