記事

潘基文事務総長の発言で、国連を国連だなどとは呼びたくなくなった

まだ私自身の考えの整理が出来ていないので、ホンの一言だけ。

どうにも釈然としない。
潘基文国連事務総長の発言が妙に引っ掛かってくる。
国連事務総長が日本政府に対して「省察」を求めた、というのが段々重くなってきた。
省察は「せいさつ」と読むのが正しいようだ。広辞苑によれば、自分自身を省みて考えめぐらすこと、とある。
要するに反省しなさい、という要請のようだ。

あれ、日本政府はいつ国連に対して反省しなければならないことをしたのだろうか、という疑問が湧いてきた。

日本が国連に加盟して以降、日本は国連に極めて忠実な存在で、常に国連中心主義でやってきたと思うので、国連事務総長から面と向かって誹りを受けることはないはずだが、というのが私の第一印象だった。
どうにも釈然としない。
国連事務総長からそこまで言われなければならないようなことを日本政府は最近やってしまったのだろうか。

そう考えている内に、国連とは何だろうという疑問が沸々と湧いてきたのである。

余りこういうことは口に出さない方がいいのだが、ついつい国連何するものぞ、という反発心が首を擡げてくる。
実に危険な兆候である。

こういう危ない感情は早目に処理をした方がいい。
早速国連分担金の支払いを凍結すべし、などという声が上がってきている。
むしゃくしゃが続くと、こういう無茶苦茶を言いたくなるのは自然だ。

まあ、私はそこまでは言わないが、こういう国連事務総長にはさっさと辞めてもらった方がいい、というくらいの気持ちにはなる。

日本政府としての対応が難しい。
一応不快感を示す、くらいのことで留めておくのが大人の対応だろう。
しかし、国連の権威を大事にするのであれば、国連の事務総長は迂闊なことは言わない方がいい。

今更私が声を上げたからといって世論がどう変わるものでもないが、私はこれからは国連を国連とは言いたくなくなった。
国連などと言うから、国連がとてつもなく大きな存在に見えてくる。

なに、あれは連合国のことだ。
第二次世界大戦の戦勝国の連合体がその中核に位置していて、その周辺に戦勝国連合の定めたルールに従うことを誓約した国々がいるという一つの国家連合体でしかない、と思ってしまえば、実際にあるには連合国であって、国連という特別のものがあるわけではない、ということになる。

国連憲章と言うから、何かそれ自体が大変な法規のように思えてしまうが、あれは連合国の憲章だ、ということになると、肩の力が抜けてくる。
国連憲章と呼ばないで連合国憲章、国連と呼ばないで連合国と呼ぶことにしては如何か。

国連憲章は正式には、the Charter of the United Nations、国連はthe United Nationsだから、連合国憲章、連合国と翻訳しても特に差支えはないだろう、というのが私の率直な感想である。
もっともそんなことを本気で言ったら、日本は国連から離脱しようとしているのかなどとあらぬ腹を探られて新たな国際問題を惹起しかねないから、まあ冗談にしておくが、潘基文事務総長もほどほどにした方がいいと思うが、如何か。

あわせて読みたい

「潘基文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  9. 9

    横浜スタジアム満員実験は無謀か

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。