記事

ILCの国内候補地公表を受けて

国際リニアコライダー(ILC)の国内候補地が、先週の金曜日(8月23日)に公表された。

もともと国内候補地は東北地方の北上地域か九州地方の脊振地域かということだったが、今回の学者グループの発表では、北上地域ということになった。

大きく言えば理由は二つで、一つは脊振地域には新しく発見された活断層などがあり、50キロのトンネルを自由に設計することが難しいが、北上地域にはそのような活断層の存在もなく、設計をするときの自由度が高いということ。

もう一つは、社会経済的側面について。脊振地域の方がやや優れてはいるものの、とはいえ結局のところ現時点では充分ではなく、足りないという限りにおいては脊振と北上はさほど変わらないということ。

ここ数年にわたって、学者グループの方々が真剣に議論をし検討を進めて来られたことに対しては、心から感謝している。そして、学術的に検討された結果に対しては素直に受け入れなければならないと思う。

とはいえ、このILCの脊振地域の立地を目指して多くの人たちとともに運動を進めてきた僕としては、北上のほうが優れていると判断された理由について、自分たちなりに理解したうえでしっかり皆様に説明する必要があると思っている。

ところがその意味で、金曜日の記者会見は十分な説明がなされたとは思えなかった。

例えば脊振地域は活断層が近く自由に設計がしにくいとされた点について。

もともと脊振地域には活断層はないとされていたのだが、東日本大震災後に活断層についての考え方が変わり、これまで以上に厳しい条件で活断層かどうかを国(文部科学省)において判断されることになった。その新しい基準に基づいて活断層かどうかが判断された結果、これまで活断層とされていなかったところが活断層と位置づけられることになった。

こうした新しい基準に基づく活断層かどうかの判断は、現時点では九州地方でしか行われていない。東北地方を含むほかの地域においては、新しい(厳しい)基準による活断層の判断はまだ行われていない。

だから我々は、活断層かどうかについては、九州と東北を同じ基準で評価すべきであって、片一方が厳しい基準で片一方が昔ながらの基準で評価されるのはおかしい、と主張してきた。東北地方においても学者グループによる活断層の調査が行われているのは事実だが、それはあくまでも学者グループによる調査であって、国が行ったものではない。

今回の候補地選定にあたって、九州地方だけでなく東北地方についても同じ基準で活断層の評価を行って欲しかった、という思いはぬぐえない。

また、社会経済的側面についても、脊振地域の方は福岡都市圏を含んでおり、インターナショナルスクールを始めとする国際的な施設の整備状況については、北上地域よりも進んでいる。こうした既存の社会的な基盤を有効に活用することによって、少ないコストで整備することができると考えていた。

しかしながらこの点についても、都市集積がある分地価が高いとか、一定の集積はあるものの、東京ほどではない、とされ、脊振でも北上でもあまり違いがないと評価されてしまい、北上は東京から近いところにキャンパスを作ればいいという結論になってしまった。

一定の人口集積のあるところに研究所を作れば、確かにその分地価が高いことは否めないが、それはその分だけ整備が進んでいるということではないのか。

また、そこで暮らす側の研究者の立場に立って考えれば、何にもないところに研究所や中央キャンパスだけができるのと既存の都市があるところに住むのとでは、生活そのものの豊かさや楽しさも違ってくると思う。少なくとも現在のこの分野の世界最高の研究所CERNはスイスのジュネーブに立地している。

今日までに僕たちが得た情報だけでは十分な判断ができていないのかもしれないが、金曜日の発表を聞く限り、十分に納得のいく説明をしていただいていると評価することはできないな、というのが率直な感想だ。

できるだけ早く今回の決定を行った学者グループの人にこちらに来ていただいて、じっくり意見交換ができればと思う。

あわせて読みたい

「テクノロジー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  10. 10

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。