記事

【福島原発】<追悼・吉田元所長> 社命に背いて日本を救った男の生き様〔2〕―<対談> 田原総一朗×門田隆将

〔1〕はこちらから→【福島原発】<追悼・吉田元所長> 社命に背いて日本を救った男の生き様〔1〕

「昔から、リーダーだった」


田原:事故当時、ベントの次に大問題となったのが、原子炉への海水注入ですね。やるかやらないかで官邸はもめていたけれど、吉田さんはとっくに始めていた。

門田:官邸による海水注入中止命令の原因とされたのが、班目委員長がしたとされる「海水に切り替えた場合、再臨界が起こる可能性がある」という発言です。しかし、これは間違いで、私は本人にも確認しましたが、班目さんは反対に、早い段階から「海水注入しかない」といっていました。班目発言が誤解されたのは、海水注入によって再臨界の可能性があるかどうかを聞かれて「可能性はゼロではない」と答えたことによるものでした。

田原:再臨界とは、停止した核燃料(未臨界状態)が再び連続的な核分裂反応を起こすことですね。

門田:ええ。それは可能性が「ゼロではない」という科学者らしい対応だったのですが、海江田経産大臣(当時)や枝野官房長官はいまそこにある危険性と捉え、誤った認識が官邸に広がってしまった。それを受けて菅総理は、海水注入で再臨界の可能性がないか「検討しろ」という指示を出すのです。

田原:だから菅さんは「検討しろ」といっただけで、海水注入を「やめろ」とはいっていないと責任逃れをしているわけだ。しかし菅さんの周りには、班目さん以外にも専門のスタッフがいたはずですよね。事故後、私は東電の武黒一郎フェローに何度か会っているのですが、彼はそのときどういう役割をしていたのですか。

門田:実際に、武黒さんは吉田さんに海水注入をやめるよう電話をしました。「とにかくやめろ」と。口調まで吉田さんに聞きましたが、武黒さんはすごい勢いだったそうです。「うるせえ。官邸がグジグジいってんだよ」と。吉田さんも「なに言ってんですか!」とやり返し、凄まじいやりとりになった。そこで武黒さんからの電話がブツンと切れたあと、次は本店から正式に海水注入中止命令が来ると予想した吉田さんは、先回りして手を打ちます。「海水注入中止命令が来たら、自分は本店にテレビ会議で聞こえるように中止命令を出すが、それはあくまで会議上のことだけで、現場は注入を続けるように」と担当者に言い含めておいたのです。

田原:本店からの命令を突っぱねたわけだ。

門田:ええ。吉田さんはどんなときでも「本義」を忘れない人だったと思います。電気事業者として、原子力事業者として、国民の命を守ることが本来の目的、本義と考えて行動していますね。

田原:そこで聞きたい。海水注入をするか、やめるか、菅さんや枝野さんには判断できなかった。彼らは原子力の専門家ではないのだから、それはやむをえない部分もある。しかし、東電本店に詰めていたエリートは違います。彼らは、どうして「海水注入をやめろ」などという愚かな命令を出したのか。

門田:東電幹部たちは、自分たちが電気事業者として何をすべきかよりも、官邸の指示のほうを重んじる人びとだった。つまり、本義がない人たちだったわけです。こうした行動は、エリートにはむしろありがちなことかもしれません。

田原:でも、吉田さんだって執行役員だったわけでしょう。まさにエリートだ。にもかかわらず、なぜ吉田さんだけが社命に背いて「本義」を守ることができたのか。ここがいちばん大事なところだと思います。

門田:人間というのは、まさに非常時こそ生き様が問われるわけです。私は吉田さんがどんな人間かを知りたいと思い、取材に応じてくれるよう周りから説得するためもあって、中学や高校時代の友人たちを訪ね歩きました。1955年生まれの吉田さんは、1958年生まれの私と同世代といえますが、率直にいって「いまどきまあ、こんな人がよくいたものだ」と思いましたね。

田原:吉田さんはどんな人だったのですか。

門田:中学、高校時代からあの森田健作のように、周囲の友人に「おまえはそんな生き方でどうするのか」と熱く問いかけるタイプだったそうです。一方で生や死、宗教、哲学といったことに非常に関心が強かった。友人たちはみんな「昔から、あいつはリーダーだったよな」と口を揃えるようにいっていました。また吉田さんの奥さんいわく、「主人は昔から抹香臭い人」。恋人時代に旅行したときも、吉田さんは寺社を回るのが好きで、住職に頼み込んでは秘仏を見せてもらう、ということを繰り返していたそうです。若いころから宗教書を読み漁り、禅宗の道元が著した『正法眼蔵』を座右の書にしていました。福島原発の免震重要棟にも置いていたぐらいです。

私は、事故当時、吉田さんのもとで闘った部下たちに「福島第一原発の所長が吉田さんでなかったら、あの事故はどうなっていたか」と問いました。すると皆、「吉田さんでなければ無理だった」「吉田所長となら一緒に死んでもいいと思った」。そう語りました。

田原:なぜ、そこまで部下に信頼されたのだろう。

門田:吉田さんのほうも、普段から部下を信頼していましたからね。その姿勢は、事故のときの行動にも表れています。命懸けで事態の収拾に向かい、帰ってきた部下たちに対して、吉田所長は一人ひとりと握手をし、「よく帰ってきてくれた」と苦闘を労ったそうです。そして本店の無理な注文に対しては、前述のように一歩も引かずに対応する。この人となら一緒に死ねる――。当時の心境を言葉に示すのは難しいですが、そう思わせる強固な信頼関係が両者にあったことは間違いありません。

国家の「死の淵」に立つというストレス


田原:事故のときの話をもう少し続けたい。3月15日の午前5時半過ぎ、菅総理が東電本店に「撤退はありえない」といって怒鳴り込むシーンがありますね。その様子を、テレビ会議を通じて吉田所長はじめ福島第一原発の人間も目にしていた。このときの菅さんの行動を門田さんはどう捉えていますか。

門田:1つは、東電の清水正孝社長(当時)の言い方に問題があったと思います。海江田、枝野両大臣に「2号機が非常に厳しい状況になっており、今後ますます事態が悪化する場合は、退避を考えている」と清水社長が電話で報告した際、「ただし制御に必要な人間を除いて」とひと言付け加えるべきでした。しかしそれをしなかったため、東電側の発言を両大臣は「全員撤退」と受け止め、菅総理に報告した。

田原:そのあと菅総理は、東電本店から清水社長を官邸に呼びつけ、撤退について直接、問い質していますね。その答えは「撤退など考えていません」という拍子抜けするものだったわけですが、なぜ菅さんは答えに納得しなかったのですか。

門田:当時すでに、菅総理は東電のいうことをまったく信用しなくなっていましたから。おそらく海江田、枝野両大臣から「撤退」の報告を受けた時点で、東電本店に乗り込むことを決めていたと思います。

田原:一方、吉田さんはじめ、現場で闘っている人たちには撤退しようという気持ちはなかった。興奮した菅さんの姿をどういう思いで受け止めたのですか。

門田:のちに公開された映像を注意深くみると、円卓中央の本部長席にいる吉田さんが、テレビ会議のカメラの方向に背を向けて立ち上がるなり、ズボンを下ろして、自分のシャツの裾を入れ直すシーンが映っています。

総理に対していわば尻を向けたわけで、「この野郎」といいたかったのかもしれない。「かもしれない」というのは、このときの行動を私は吉田さんに聞きましたが、本人はまったく覚えていなかったからです。地震発生直後から、吉田さんは不眠不休で指揮を執っていた。そのため、当時の記憶が飛んでいる部分がけっこうあるのです。

田原:吉田さんは何日ぐらい起きっ放しだったのですか。

門田:11日に事故が起きてから、少なくとも5日間は免震重要棟の本部長席に座ったままで、さすがに寝ないと死んでしまう。どうしたかというと、吉田さんは本店とのあいだで、たとえば、「何も事態が動かなければ、これから2時間は互いに呼びかけないようにしよう」という取り決めを交わしていた。そうして30分でも1時間でも、わずかな仮眠を取っていたのです。

田原:それでよく気力が保てましたね。

門田:究極のストレス下にある状態だったでしょう。私は本書に『死の淵を見た男』というタイトルを付けましたが、吉田さんは自分の「死の淵」だけでなく、いわば国家の「死の淵」に立った人でした。原発が危機に陥るたびに、そのストレスを何度も自らの身体に浴びた。そのようにして、吉田さんは死に至る病を患ってしまったのだと思います。

吉田所長が津波対策を疎かにした事実はない


田原:今年7月9日、惜しくも吉田さんが58歳で逝去された際、新聞やテレビは福島第一原発の所長として事故の収束に当たった功績を讃えました。その一方、津波対策を疎かにした面もあった、と指摘しましたね。

門田:あまりにひどい誤解だといわざるをえません。そうした報道に接するたび、私は吉田さんがかわいそうに思えてならない。 そもそも、吉田さんが津波対策を疎かにした事実はありません。逆に、津波対策についていちばん積極的だったのは吉田所長です。

田原:そう、そこが聞きたい。2009年の経済産業省の審議会で、約1200年前の貞観地震の際、福島第一原発のある土地に10メートル以上の津波が襲ったのではないかという話が出ました。しかし、東電は何の対策もとらなかったとされてきた。この問題です。

門田:この点は順番に説明しなければなりません。2002年2月、公益社団法人土木学会が「決定論」という考えを打ち出しました。日本で起こった地震の場所に「波源」を決め、それを基にして津波の高さを計算するものです。この決定論により、福島第一原発の津波想定は「6メートル」とされました(ただし、福島沖に波源はないものとされた)。

これに対して同年7月、地震調査研究推進本部が「三陸沖から房総沖の海溝沿いのあらゆる箇所でマグニチュード8クラスの地震が発生しうる」という発表をしました。いわば土木学会とはまったく異なる見解を出したわけです。

他方、2006年1月25日に中央防災会議(本部長:内閣総理大臣)の専門委員会が、福島沖と茨城沖を「防災対策の検討対象から除外する」という報告を出しました。つまり、福島沖に波源はないとする土木学会と同じ見解を打ち出したわけです。

吉田さんが東電の本店に新設された原子力設備管理部の初代部長に就任するのはその後、2007年4月1日のことです。そのときから、吉田さんは津波について研究を続けてきました。そして3カ月後の7月16日、中越沖地震が起きる。東電の柏崎刈羽原発のエリアは震度6.5の地震に見舞われます。

吉田さんは柏崎の復旧を担当する一方、2008年1月から4月にかけて、明治三陸沖地震で津波を起こした波源が「仮に福島沖にあった場合にどうなるか」という試算を命じるのです。すると、最大波高15.7メートルという試算結果が出た。しかし、「架空の波源」がもとの試算では自治体に相談することはできない。防潮堤の建設一つとっても環境影響評価などクリアしなければならないさまざまな壁があります。漁業への影響もあるし、そもそも防潮堤に当たった津波がそれて、周辺集落に大きな被害をもたらす可能性もある。防潮堤建設のためには、自治体や漁業関係者との交渉が不可欠なので、とにかく吉田さんは、数値をはじめ自治体と相談できるオーソライズされたものが必要だったわけです。

そこで吉田さんは、土木学会の津波評価部会に対して「波源」の策定について審議を正式に依頼しています。これほど真摯な姿勢と行動を貫いているわけです。

さらに吉田さんは、2009年から10年3月にかけて、貞観地震時の津波を推定するため、農閑期を利用して堆積物調査を実施しています。しかし、結果は「4メートル」だった。10メートル以上の津波はなかったということになります。

田原:土木学会から、正式な回答は来なかった?

門田:残念ながら、土木学会の審議結果はいまに至るも出ていません。吉田さんが福島第一原発の所長に就任するのは2010年6月ですが、土木学会からオーソライズされた結論が出る前に、東日本大震災が起きてしまったのです。私はこういう話を直接、吉田さんから聞いていたので、吉田さんが津波対策に消極的だったなどという根拠のない説が流布されているのは、本当に残念です。

田原:最後に、吉田さんがいなかったら、日本はどうなっていたと思いますか。

門田:吉田さんは最悪の事態として、「チェルノブイリの10倍」という被害の規模を私に語りました。たしかに福島第一原発には6基、その10キロ南にある福島第二原発には4基の原子炉がある。合計10基の原子炉が制御できず、暴走をストップできなければ、いわゆる“悪魔の連鎖”によって、実際にそのような規模の被害になっていたと思います。炉のタイプが異なるチェルノブイリと福島を単純に比較はできませんが、吉田さんの言葉によって、現場の人間がどういう被害想定のもとに闘っていたのか、肌身でわかりました。

この吉田さんの言葉を班目さんに伝えたところ、班目さんは福島第一と第二原発が制御できなくなれば、福島だけでなく茨城の東海第二原発もやられてしまい、日本は汚染によって住めなくなった東日本と、それ以外の北海道や西日本に「3分割」されていたかもしれない、と語りました。そうならなかったのは、まさに吉田さんをはじめとする現場の命を懸けた奮闘の結果だったと思います。

まさに奇跡のように「日本」を救い、逝ってしまった男、吉田昌郎。心からご冥福をお祈りしたいと思います。

プロフィール


■田原総一朗(たはら・そういちろう)ジャーナリスト
1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒。岩波映画製作所を経て、東京12チャンネル(現・テレビ東京)に入社。77年よりフリー。 98年、城戸又一賞を受賞。著書に、『人を惹きつける新しいリーダーの条件』(PHP研究所)、『40歳以上はもういらない』(同)ほか多 数。

■門田隆将(かどた・りゅうしょう)ジャーナリスト
1958年、高知県生まれ。中央大学法学部卒業後、新潮社に入社。『週刊新潮』編集部副部長などを経て、2008年に独立。『この命、義に 捧ぐ』(集英社)で第19回山本七平賞を受賞。『なぜ君は絶望と闘えたのか』(新潮社)、『蒼海に消ゆ』(集英社)、『康子十九歳  戦渦の日記』(文藝春秋)、『太平洋戦争最後の証言』(小学館)、『死の淵を見た男』(PHP研究所)など著書多数。

リンク先を見る

■Voice 2013年9月号
<総力特集>中国バブルの崩壊に備えよ
< 特集 >零戦と靖国
影の銀行(シャドー・バンキング)問題が日本のメディアだけでなく、世界で注目されるようになってきた。不動産バブルがいつはじけ るのか。各国にどれほどの影響が及ぶのか。もちろん、日本も対岸の火事ではすまされない。総力特集では「中国バブル崩壊に備えよ」 との問題意識で、中国経済分析で定評のある津上俊哉氏に冷静な視点から論述いただいた。また、『歴史の終わり』で有名なフランシス ・フクヤマ氏に中長期の視点から中国の行く末を占ってもらった。第二特集では、「零戦と靖国」と題し、日本や家族を守るために散っ ていった兵士たちの思いを紹介。毎年終戦記念日になると恒例行事のように中韓から批判されるが、総理の靖国参拝は外交案件ではなく 、思想・信条の範疇だということがよくわかる。国を守ったということでいえば、7月9日に食道がんのために死去した福島第一原発の 吉田昌郎元所長も極限の状態でまさに日本を救った人物である。事故後綿密な取材を重ねた門田隆将氏と田原総一朗氏に追悼の対談をし ていただいた。電力マンとしてその生涯を捧げた氏の生き様に涙を禁じえない。過去に学び、未来を生きるために、ぜひ今月号もご一読 ください。 

あわせて読みたい

「吉田調書」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ヘイト年金所長更迭 被害者語る

    BLOGOS編集部

  2. 2

    イチローへの批判を選手達が一蹴

    WEDGE Infinity

  3. 3

    秋元康監修のSushi劇場が大爆死

    木曽崇

  4. 4

    欧米の1周遅れな日本は「幸運」

    橘玲

  5. 5

    橋下氏「10年前の大阪に戻すな」

    橋下徹

  6. 6

    混浴投稿の炎上に元AV女優が持論

    AbemaTIMES

  7. 7

    無料ネットサービス依存で支障も

    かさこ

  8. 8

    佳子さまのお相手質問拒否が波紋

    女性自身

  9. 9

    移民時代に問う「日本とは何か」

    BLOGOS編集部

  10. 10

    相場の倍で中古PC売る業者を直撃

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。