記事

原発事故・心のケア 「子ども被災者支援法」の基本方針に

画像を見る

保養所のアートセラピーで男の子が描いた絵。「もう私は死んでいる」という文章。墓に刻まれた文字は1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故が発生した日時を表す。=20日夜、文京シビックセンター 写真:筆者=


 
 チェルノブイリ原発事故後、親や子供が心に受けた傷を調査・研究してきたエレーナ・トルスタヤ准教授(サハロフ国際環境大学=ベラルーシ)が昨夜、都内で講演した。(主催:DAYS JAPAN/NPO法人 沖縄・球美の里)

 トルスタヤ准教授によれば事故当時、チェルノブイリ原発から30km圏内には220万人が住んでいた。うち子供は55万人。これらすべての人々を調査したわけではないが、母親の56%、父親の48%が不安感を持っていた。

 だが親たちは(あえて)何も起きなかったように振る舞った。しかし自尊心は薄れ、他人とのコミュニケーションがうまくとれないようになった。

 子供は情緒不安定になる。すすり泣く。吃音障害、夜尿症などが現れるようになった。原発事故処理に当たったリクビダートル(収束作業員)の子供たちの3人に一人は心理的問題を抱えていたという。

 トルスタヤ准教授は具体的に女の子の例を挙げた―
1986年12月に生まれる(事故はこの年の4月)
     ↓
1995年、甲状腺ガンの手術
     ↓
1998年~2001年の症状
「無力症」「不安感」「うつ」「呼吸器系の障害」
      ↓
その後、結婚し出産、子供は心臓に欠陥があった
      ↓        
     離婚

画像を見る

チェルノブイリ原発。事故から27年経っても収束作業が続いている。=ウクライナ 写真:筆者=

 トルスタヤ准教授は汚染地帯を離れての保養を勧める。「ゲームセラピー」「アートセラピー」「ヨガなどのリラクゼーション」などのリハビリが効果的であるとした。

 トルスタヤ氏が強調したのは「低レベルの汚染(日本風に言うと低線量被曝)は、神経系、免疫系、内分泌系の調節機能を阻害する」ということだった。遠隔地での保養を勧めるのはこのためでもある。

 ベラルーシでは1991年(旧ソ連時代)に「被災者社会保障法」が制定され、20万3,000人が恩恵を受けた。医療費や移動費などを国が負担してくれるようになったのである。

 日本は福島原発事故を受けた「子ども被災者支援法」がありながら、基本方針さえ策定していない。「違法である」として、明日(22日)にも福島県の住民が国を提訴する。ベラルーシの取組みを基本方針として参考にすべきであろう。

あわせて読みたい

「原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  4. 4

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  5. 5

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  6. 6

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  7. 7

    米・伊選手団が食堂で「マスクなし大宴会」 五輪選手村スタッフが目撃

    NEWSポストセブン

    07月28日 08:44

  8. 8

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  9. 9

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  10. 10

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。