記事

希望あふれる日本にしたい!

こんにちは、志太勤です。

2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。この大震災では福島第一原子力発電所の事故も起きてしまいました。以来、日本人の誰もがこれからどうなるのかと本気で国のことを考えるようになったとも言えます。 誰もが国のことを考え始めた今こそ、国を変える大きなチャンスなのです。このチャンスをうまく活かすなら必ず日本を変えられると思います。
 希望あふれる日本にしたい! これが私のただ1つの願いであり志です。

国家財政においてはすでに1000兆円を超える莫大な借金を抱え、それは今なお増え続けています。これに対して残念ながら、政府は抜本的な解決策を示せていません。日本と同様に古い歴史を持つギリシャが財政危機に陥って国家破綻の瀬戸際まで追い込まれたのは周知の通りです。放っておくと日本も財政破綻してしまいます。そうならないためにも国を変えていかなければなりません。
 まず国民が公平な環境で努力し切磋琢磨できるようにすべきで、そのためには成長を阻害している既得権益者の権益構造をなくすことが今急がれる大きな要点です。
 日本は戦後、廃墟の中から立ち上がって世界有数の経済大国となりました。ところが、憲法等の制約もあって、これまで世界平和のための十分な貢献ができませんでした。その意味で、国を変えるとは世界平和のために積極的に貢献できる立場になるということでもあります。加えて、緊張が高まる周辺諸国に対してしっかりと対峙していくためには国民の国防意識も改めていかなければなりません。

私の活動、「希望あふれる日本へ運動」の第一ステージでは、党派を超えた投票者運動として、従来とは発想を逆転させ、国民・投票者側が国民の目線で国のあるべき姿、希望、課題を提示し、それに賛同する政治家・議員を選挙で応援しました。 すでに多くの人たちとの議論を通じて「希望あふれる日本の実現に向けて目指すべき3つの希望と課題」(日本国家のあるべき姿・当面の課題・国民の役割と自覚)を完成させました。 
私はこれに基づいて日本最大の投票者の組織をつくるために尽力していきたいと思います。

この活動の第二ステージでは、国民一人ひとりが「賢い投票者」となり、強い力を発揮できる投票者組織となる必要があり、その実現の為に欠かせない「希望大学」をつくります。 
その4つの活動内容です。

1.誰もが日本の今の政治を楽しく学べる学習会の実施
 「希望大学」- 3つの双方向学習コース
   ①3つの希望・課題の学習
   ②身の回りで納得できない規制、自由な競争を妨げる規制とその解決策の学習
   ③世界の常識と日本の常識の比較学習

2.現場の声・希望を政治に反映する活動
 「希望日本会議」- 希望日本会議メンバー議員との学習会

3.国論を二分する様なテーマに関する意見収集と公開 
 「希望日本の会」- インターネットで国民に問い、それを国民の声として政府ほかに伝える
 (必要時にイベント、アンケート等の実施)

4.「希望あふれる日本へ運動」の普及拡大活動
去る、8月14日夜、ホテルニューオータニ内で、安倍晋三首相、菅義偉官房長官、中川秀直元自民党幹事長、川上和久希望日本研究所長(明治学院大教授)と会食させて頂きました。
その時「希望あふれる日本へ」の活動について紹介させて頂きました。 
安倍首相からは、希望あふれる日本を担っていく強い責任感と熱い想いを感じさせて頂き、首相の情熱に感動しました。 規制緩和による成長戦略の実現、強い国づくりのための教育など、まずはこれから3年間、私たちも民間のネットの力で支えていきましょう!

一般財団法人希望日本投票者の会
代表 志太勤

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  7. 7

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  9. 9

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。