記事

じわじわ減少中。書籍、月刊誌、週刊誌の販売金額推移

売上高は10年で2倍、市場規模6,000億円。知られざる「葬式」ビジネスの市場分析」につづき、業界・企業分析ツール「SPEEDA」からコンテンツ提供を頂きました。証券アナリスト、金融マン、経営企画向けのこのサービス、有益なコンテンツが膨大に収録されているのです。

SPEEDA

書籍、月刊誌、週刊誌の販売金額推移

いちおう当ブログは「オンライン書店」なので、書籍の市場動向についてはかなり気になっています。SPEEDAにちょうどデータがまとまっていたので、メモがてらご紹介いたします。

画像を見る

全国出版協会出版科学研究所によると、消費者の「活字離れ」の影響から、書籍・雑誌の推定販売額は直近10年間で年平均成長率-2.7%と年々減少しており、2009年には2兆円を切り、2011年は1兆8,042億円まで縮小、書店にとって非常に厳しい状況となっている。

なお、書籍・雑誌の種類別には、直近10年間で書籍が年平均成長率-1.6%、月刊誌が同-3.0%、週刊誌が同-5.2%と全ての種類で販売額が減少している。

もっとも厳しいのは週刊誌なんですね。この10年で1,500億円近くマイナスになっていますね。

ちなみに、2012年の電子書籍の市場規模は729億円だそうで(729億円のうち351億円はケータイコミック市場とのこと)。電子書籍市場の立ち上がりにはもう少し時間が掛かりそうですね。そして、電子が普及すると単価が下がるので、さらに市場が小さくなっていきそうな予感も…ここら辺どうなんでしょうね。

とりあえずこの人生は著者として生きていこうと考えているわけですが、こうして市場が小さくなっていることを考えると、必ずしも最適な選択ともいえない気がしてしまいますね…。まぁ、シュリンクする市場なりにも、戦い方はあるので引きつづきやっていくことにはなると思いますが。新しいマネタイズのモデルを創って、なんとか生き残りたいところです。

というわけで、SPEEDAにはこんな感じのデータや分析が、大量に収録されています。もちろんデータも分析も日々更新が掛かっています。トライアルもサイトから申し込めるので、関心がある方はぜひチェックしてみてください。基本的に金融マン、経営者向けのツールですが、メディアの人も使えるでしょうねこれ。

SPEEDA

おまけとして、分割したグラフも掲載しておきます。SPEEDA、こういうグラフの編集も簡単にできるのが超便利です。

まずは書籍。

画像を見る

週刊誌。

画像を見る

月刊誌。

画像を見る

あわせて読みたい

「電子書籍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

  9. 9

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  10. 10

    NYポストのバイデン記事は陰謀か

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。