記事

グリー必勝パターンに限界? 続々中止となったパクリソフトたち

今回グリーは、巨額の特別損失を計上し、ソフトの開発中止やサービス中止しました。それらの中止ソフトから、これまでのグリーの必勝パターンが崩れていることが見えてきます。

かつて、グリーの田中社長は、「あるゲームが流行ったら、同じようなものを作りまくるべき」と言ってのけました。

「あるゲームが流行ったら、同じようなものを作りまくるべき」

http://news.livedoor.com/article/detail/5864856/

このパクリ上等発言は、かなり物議をかもしまして、実際にパクリゲームを連発するグリーに、憤る声も多かったのです。

「GREEのゲームはパクリだらけ? そんな疑惑ゲーム一覧」

http://getnews.jp/archives/115930

しかし、やはりそんなパクリゲームは長続きしませんでした。

上記の記事に取り上げられた、『ラブプラス』のパクリである「ヒメこい」、『けいおん』のパクリである「いもこい」、『魔法少女まどか☆マギカ』のパクリである「契約魔法少女」は、いずれも1年経たずサービスを停止しました。

リンク先を見るリンク先を見るリンク先を見る

そして今期、特別損失として計上されたソフト郡を見ると、数々のパクリシリーズが相次いでサービス中止になったのです。

●『マリオカート』をパクッたように見える「Wacky Motors」

リンク先を見る

http://jp.product.gree.net/wacky/motors/

8月28日サービス終了

●『nintendogs』をパクッたようにしか見えない「ともだち☆ドッグス」

リンク先を見る

http://jp.product.gree.net/dogs/

8月12日サービス終了

●『ポケットモンスター』をパクッたとしか思えない「MONPLA SMASH」

リンク先を見る

http://jp.product.gree.net/monpla/smash/

8月28日サービス終了

任天堂関係では、「おいでよ、どうぶつの森」をパクッた感じの「どうぶつフレンズ」が、まだ生き残っています。

これまでの成功パターンが崩れたグリー。これからの展開はどうなるのでしょうか?事業計画が公開されてないため、どうなるか予断を許しません。

もし、懲りずに『パズル&ドラゴンズ』のパクリソフトが出たら、また取り上げたいと思います。

あわせて読みたい

「GREE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  6. 6

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  7. 7

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  8. 8

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。