記事

8月15日が「終戦記念日」とされるのは何故か

 本日8月15日は終戦記念日です。毎年この日を迎えると、靖国神社の周辺が騒がしくなります。英霊を追悼せんとする気持ちは共有していますが、そうであれば、旧日本軍のコスプレをして軍歌を歌うなどするのではなく、厳かに参拝すべきだと思います。

 

 さて、今日では、「8月15日=終戦記念日」という認識は、何の疑いもなく受け入れられているように思います。しかし、ここにはいくつか問題点があります。以下、佐藤卓己氏の『八月十五日の神話』に基づいて論じていきます。

 

 8月15日が終戦記念日だと法的に定められたのは、1963年に第二次池田勇人内閣で閣議決定された「全国戦没者追悼式実施要項」によってです。何も1945年8月15日直後から、「終戦」の日だとみなされていたわけではありません。

 

 歴史的に見ると、昭和天皇が終戦の詔書に署名されたのは14日であり、この日に最高戦争指導会議と閣議の連合会議が招集され、ポツダム宣言受諾が確定されました。それゆえ、石橋湛山は14日を「永遠に記念すべき新日本門出の日」としています。

 

 また、帝国大本営が麾下の全軍隊に対して休戦命令を出したのは16日であり、江藤淳はこの重要性を強調しています。

 

 海外に目を向けてみますと、連合国の多くが、日本がミズーリ号で降伏文書に調印した9月2日を対日戦勝記念日としています。もっとも、国の歴史は暦にまで及びますので、このグローバルスタンダードを受け入れる必要はありません。日本が元号を使用し続けているのもそのためだと思います。


 これらに加え、「8月15日=終戦記念日」から抜け落ちてしまっている重要な問題があります。その一つが沖縄です。


 沖縄において、日本守備軍の組織的戦闘が終わったのは6月23日であり、この日は「沖縄慰霊の日」と定められています。また、アメリカ軍が沖縄作戦の終了を宣言したのは7月2日であり、残存した日本軍が公式に降伏文書に調印したのは9月7日です。この日は沖縄では「市民平和の日」と定められています。さらに、米軍による沖縄占領は1972年5月15日まで続いたため、この「復帰記念日」を終戦記念日とする立場も有力です。

 

 また、ソビエト軍は8月末から北方領土に対して攻撃を開始し、歯舞群島は9月5日に完全占領されました。北方領土の島民の方々にとっても、「8月15日=終戦記念日」は受け入れがたいものだと思います。

 

 沖縄問題と北方領土問題は、現在でも未解決の状態にあります。「8月15日=終戦記念日」を強調すればするほど、沖縄と北方領土がますます本土から遠のいてしまうのではないかと危惧しています。


 このように、8月15日以降も戦争は続いていたわけですが、それでも多くの日本人が8月15日を「終戦記念日」として受け入れているのは、やはり、その日に玉音放送がなされたからだと思います。


 もう一点、述べておきたいのは、「終戦」という表現についてです。何故「敗戦」ではなく「終戦」なのでしょうか。「敗戦/終戦」論争は戦後直後には盛んに行われていましたが、現在はあまり行われていません。

 

 これは極めて重要な問題です。「敗戦」したという認識があれば、その原因を分析しようという気持ちも湧いてくるでしょうが、そうでなければ、我々は「敗戦」したわけではない、もう一度アメリカと戦争をやろう、といった主張が台頭してくる恐れもあります。実際、現在の日本では反米主義が力を持ちつつあるように思います。

 

 もちろん「反米」が悪いとは言いませんが、それが「反米主義」になってしまうと、イデオロギーに凝り固まってしまい、物事を冷静に眺めることができなくなります。そうなると、何でもかんでもアメリカのせいにするという、卑屈な態度に陥りがちです。

 

 我々が先の日米戦争から学ぶべきことは、圧倒的に物量差のある国家と戦争してはならない、ということだと思います。先の「敗戦」の際は、日本の叡智が結集したことで、皇室の護持、日本国家の存続を何とか成し遂げることができました。しかし、日本に次はありません。今度戦争に負けるようなことがあれば、日本は間違いなく消滅させられてしまうでしょう。

 

 現在の日本の政界や論壇には、国家とは消滅し得るものであるという視点が欠如しているように思います。核武装していたソ連でさえ消滅したのですから、憲法を改正して軍事力を高めればそれで十分というわけではありません。

 

 また、日本人は優れた民族であるとか、底力があるとか、民族性や宗教性を念仏の如く唱えても、日本を守ることはできません。我々に必要なのは、具体的に日本国家を防衛するためにはどうすればよいか、そのことについて考えることだと思います。(YN)


リンク先を見る

『八月十五日の神話』

あわせて読みたい

「終戦記念日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  2. 2

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  3. 3

    軍服を着なかった今上天皇の意味

    毒蝮三太夫

  4. 4

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  5. 5

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  6. 6

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  7. 7

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  10. 10

    しまむら不振 ZOZOの一強確立か

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。