記事

【終戦の日・靖国神社】 中国脅威論で息吹き返す「天皇陛下バンザイ」 

画像を見る

2人の兄を戦争で失った女性(78歳)は、「いつまでも悲しみが薄れない」と言いながら手を合わせた。=15日午前、靖国神社拝殿前 写真:山田旬=

 68回目となる終戦記念日、靖国神社は朝から真夏の陽射しが照り付け、蝉しぐれが境内をつつんだ。246万柱の英霊が祀られている神社の景色は、いつもの年と変わらないが、政治の景色は様相が一変した。

 国会で圧倒的多数を握る自民党の安倍政権は憲法第9条を改変し、国防軍の創設を唱える。符合するかのように中国船が領海侵犯を繰り返す。

 政治環境の変化は参拝者の心理に少なからぬ影響を与えているようだ―

 長野県で終戦を迎えた女性(80歳)は、戦争で兄を失った。乗っていた輸送船が南方戦線に向かう途中、撃沈されたのだ。

 「平和は大事だ。こちらから戦争を仕掛ける必要はないが、中国に“おいで下さい”ということもない。自分の国は自分で守らなければならない」。彼女は強い口調で語った。

 中国江蘇省で宣撫工作にあたっていたという元陸軍兵士(91歳)は、終戦の日、毎年欠かさず参拝に来ている。戦友がここに眠っているからだ。

 「戦争は絶対ダメだ。絶対にやるものじゃない」。元陸軍兵士は信念を込めながら言った。

 「安倍政権は国防軍を創ろうとしていますが?」

 「戦争は国民が許さないし、憲法9条を変えることも国民が許さないと思うが、国防軍という概念は必要だ」。

 「どうしてですか?」

 「中国が危ないからね」

画像を見る

中国テレビ局クルー。一般参拝客が「支那人は出ていけ」とヤジを飛ばす光景もあった。軍国コスプレの一団は不思議と無反応だった。=神門前 写真:田中龍作= 

 17歳で志願兵になったという男性(88歳)は、中国の軍備拡張に危機感を抱いていた―
「自分の国は自分で守らなくてはいけない。でなければ中国が侵略してきた時、誰が守るのか? 今の若者は国を守る意識が薄い。私が志願兵になったのは純粋に国を守りたいためだった」。

 これまで世論の一部に確実に存在した自虐史観はすっかり影をひそめた。中国脅威論は実際に戦争を経験した世代の間でも動かぬ存在となっている。安倍政権は中国脅威論を上手に利用して日本の軍国化に道を開こうとする。

 大メディアの幹部は競うようにして安倍首相との会食にいそしむ。急速に右旋回する政権にブレーキをかけることのできる勢力は見当たらない。「非戦・平和」がこれほど脅かされる政治状況が、戦後68年のなかであっただろうか。

 正午の時報とともに1分間の黙とうが捧げられた。境内は静まりかえり蝉しぐれだけが響く。黙とうからややあって誰かが「天皇陛下バンザイ」と叫ぶと、長蛇の列は「天皇陛下バンザイ」を唱和した。気味が悪いほどだった。

 「いつか来た道」…それが杞憂であることを願うばかりだ。

  ≪文・田中龍作 / 諏訪都≫

あわせて読みたい

「終戦記念日」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  3. 3

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  4. 4

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  5. 5

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  6. 6

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  7. 7

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  8. 8

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  9. 9

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  10. 10

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。