記事

投資のリターンは後からついてくるもの

 世の投資家の多くが、大きな思い違いをしている。 投資で一獲千金の夢を追いかけようとまではいわずとも、株価上昇の波をとらえて儲けようとか、うまく値ざやを抜こうとかの意識がどうも強すぎる。

 相場を追いかけ、相場と勝負するというのなら、それもありだ。 デイトレーダーを含め、相場動向を読んでは株価などの値動きに賭けて、短期の利益を追いかけるのを否定する気もない。

 しかし、投資とりわけ長期投資の本来の姿は経済の現場にお金をまわしてやって、経済活動を活発化させることである。 たまたま株式市場などマーケットを通すだけであって、投入される資金は相場に対してではない。 あくまでも企業の株主となることで、資金を経済の現場に供給する意識が欠かせない。

 だからこそ、どういった企業を応援すのかといった投資家の意思や思いを、投入するお金に乗せてやるわけだ。 ただ単に相場で儲けようというのなら、どんな企業の株を買っても構わない。 しかし、投資は応援の思いを資金に乗せてやることだから、どういった企業を応援するのかしっかり選ばなければならない。

 これはと思う企業を選ぶからこそ、株価が下がったところで浮き足立つことはない。 たまたま株式市場での売りが多くて株価が下がっているだけで、応援している企業の価値が下がったわけではない。 そう考えるから、相場の下落に対しても長期投資家は落ち着いていられる。 むしろ、資金があればいくらでも応援の買い増しをしたいところ。

 そんなことで儲かるのか? 儲かるに決まっている。 なぜなら、経済の現場に資金を投入することで、経済活動が活発化し企業のビジネス環境は向上する。 そこで、応援している企業が地道にでも業績を伸ばしていってくれれば、いつか必ず株価上昇につながっていく。 市場の評価が高まってきたところで利益確定の売りを出せばよい。

 それが、投資のリターンである。 経済環境が良くなって、企業の業績も上がり株価評価も高まる。 経済のパイが大きくなって、その分け前として投資のリターンが後からついてくる。 投入したお金が大きく育って戻ってくるわけだ。 戻ってくるから、リターンというのだ。

 大事なのは、相場動向に振り回されないこと。 ちょっと売りが出たからといって、慌てて自分も売り逃げに走れば相場は一気に崩れる。 それは資金が経済の現場から逃げ出すことでもあり、経済活動を縮小させてしまうだけである。 つまり、投資家の本来の役割を果たしていないことになる。

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  8. 8

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  9. 9

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。