記事

ニコニコ動画で隠れてしまってはいるが、四半期で売上32億円、営利10億円と健闘しているドワンゴのモバイル事業

画像を見る

ドワンゴの2013年9月期第3四半期決算。今回は「ニコニコ動画」ではなく、音楽配信「dwango.jp」等のモバイル事業にフォーカスしてみます。

ガラケーからスマホへのシフトで公式CP(コンテンツプロバイダー)と言われる、「i-mode」等にぶらさがっていた「月額課金のサービス」系企業が、軒並み調子悪くなっております。特に「着うた」や「デコメ」等、ガラケー特融の機能は更に苦しいです。

画像を見る

そんな中、ドワンゴの「モバイル事業」の推移を見てみると、約2年で売上37億から32億と、あまり下げておりません。ガラケーで入会していても、スマホへの機種変更で強制的に解約されてしまう場合も多い中、これは大健闘だと思います。

営利を見てみると、今四半期は販促費を抑えたことも寄与し、なんと10億円。売上32億円で営利10億円とか、超優良事業だと思います。

画像を見る

「ニコニコ動画」のポータル事業と比較しても、負けていないレベル。先日のDeNAの記事でも書きましたが、粘るって凄い大事ですよね。

僕も以前の会社で経験あるのですが、下降していく事業って凄い地味だし、おもしろくないんですよ。「どうやって売上伸ばそう」とかの話が一切なくなるので。コスト削減とかが中心になっちゃうし、積極的な施策も打たなくなってくる。(僕は空気読まずに、今のソシャゲのブラウザと同じで、敵が減ってるからチャンスだと思い少し攻めましたが”笑)

でもこれまでの主力事業があったからこそ、新規事業に挑戦することができるし、粘ってくれているからこそ、新しい事業への投資がかさんでも耐えられる。

凄い大事なことで、新規事業やっているチームは、既存の粘ってくれているチームへの感謝の気持ちを忘れてはいけないですよね。粘ってる側も「俺たちが粘ってるから、絶対新規当ててくれよ」みたいな気持ちあるでしょうし。

公式CP出身者として、ドワンゴモバイル応援してます!

あわせて読みたい

「ドワンゴ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  4. 4

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  5. 5

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  6. 6

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  7. 7

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  8. 8

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  9. 9

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  10. 10

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。