記事

「年収300万円。出世・昇給・残業なしのホワイト労働」で喜ぶ方々って、正常なインフレ率に戻っても文句言わないんだよね

ツイッターでもちょっと触れたんだけれど、「年収300万円。出世・昇給・残業なしのホワイト労働」とかいう奴。

そういう選択肢はあってもいいと思う。ただこれ、あっさり自分の身を投じるには不安大かな。だってこれって、20年続くデフレ経済だからこその発想だろ。つまり物価や生活コストが変わらない、むしろ下がるという前提の。

近未来、今の異常なデフレ経済が終わって通常のインフレ率に戻ったら、どうするんですかね。日銀のインフレターゲットは2%。つまり年収300万円固定では、毎年年収が2%下がるのと同じなんですが。


企業の定昇というのは本来、従業員をインフレに対応させる「会社の知恵」でもある。デフレ時代に入ってこれが本来の意味を持たなくなり、かつ不景気で定昇が事実上廃止されている企業も多いはず。むしろ下がっていたりとか。

私も今の会社では、ピーク賃金からすでに額面で2割程度下がっている。しかも社会保障費は上がる一方なので、手取り年収は3割減といったところだ。そりゃ飲みにも行けなくなるわ。


それでもインフレ経済に戻れば、定昇は有効にまた機能するはず。それを横目で睨みながら、「300万円昇給なし」の方々は、「ふざけんな給料上げろ」とかおっしゃらないんですかね。

インフレのときだけ「給料上げろ」、デフレのときは「給料固定」なんて、ずるくありませんか。まあ「仕事よりプライベート」という覚悟をもってその世界に飛び込むんだろうから、文句を言わないとは思うんだけどさ。

でも絶対、転職活動するだろうから、事実上、「300万円ホワイト」の世界から脱出するわけで。そりゃなんかずるい気がする。


――とまあ、思考実験にマジレスするのもかっこわるいんでこのくらいにしときますが。これ別に、考えた大石さんが悪いんじゃない。ひとつの提案として面白いと思うので。ただ、この手の「人の考えた」ものに、「我が意を得たり」と無定見に食いつくのはいかがか、ということなんだけど。オチは。

ちなみに大石さんの論考、私は上記のようにシニカルな目で読み始めたけれど、けっこうちゃんとした内容だったので、感心した。


ただまあ、そうしたあま~いストーリーに逃げちゃう若い子が多い世界は、あんまり好きじゃないなあ……。えーとあの誤読されると嫌だから蛇足を書いておくけど、労働基準法を守らないという意味でのブラック企業は嫌いです。残業代減らしたいからタイムカードを先に押させるとか、ごカンベン。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  2. 2

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  3. 3

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  4. 4

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  5. 5

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  6. 6

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

  7. 7

    国民・玉木雄一郎代表 「いま言われているほとんどの問題は給料が上がれば解決する」

    ABEMA TIMES

    10月21日 16:25

  8. 8

    各論だらけの選挙公約 コロナを政争の具にするな - 樫山幸夫(元産經新聞論説委員長)

    WEDGE Infinity

    10月21日 12:52

  9. 9

    トランプ氏、独自SNS立ち上げへ IT大手に対抗

    ロイター

    10月21日 17:00

  10. 10

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。