記事

おバカな若者を減らすためには、「利己的」な若者を増やすことが必要

リンク先を見る 希望のしくみ
posted with ヨメレバ
養老 孟司,アルボムッレ・スマナサーラ
宝島社
2004-12-08
Amazon Kindle 楽天ブックス

読書メモも残しておりますが、面白かった箇所が多いのでピックアップしてみます。

バカな若者を減らすために

ここ最近話題の、ツイッターで愚行を自ら晒してしまう「おバカな若者」たち。ああいった人たちを減らしていくためには、一体何が必要なのでしょう。スマナサーラ長老の言葉に、そのヒントがありました。

「悪いことしてはいけないよ」とか、「ルールを守りなさいよ」なんて教える必要はない。

本人が毎日「何をしたら楽しいだろう?どうすれば、みんなを喜ばすことができるだろう?」と考えている以上、誰に強制されなくても、社会のルールぐらい守ります。法律も道徳も拘束も、この子には必要ない。

スマナサーラ長老は、仏陀の教えを忠実に引き継ぐ「初期仏教」の導師。めっちゃ日本語流暢な感じですが、それもそのはず、すでに30年以上日本にお住まいになっている方です。

で、そんな導師が、興味深いことに、子どもたちに「悪いことをしてはいけない」なんて教える必要はない、と断言しているのです。これはいったいどういうことでしょう。

ぼくの解釈では、これは「正しく利己的になれ」というメッセージだと考えます。例のおバカな若者たちも、もっともっと利己的になればよいのです。

「え、あのバカものたちは、十分利己的だから、ああいう愚行をするんじゃない?」と思われるかもしれませんが、それは間違いです。ある程度は利己的ですが、その利己性が近視眼的で不徹底だから、ああいった愚行に陥るんです。

どういうことか。おバカ写真を晒す彼らは、俯瞰的・長期的な視野に立って、自分を大切にすることができていません。

事実、彼らはああいった愚行によって、周囲に損害を与えるだけでなく、他でもない自分の人生を傷つけています。

彼らにあと幾ばくかの利己心があれば、「自分のために」愚行を避けたはずです。利己心が十分に磨かれていないがために、おバカなことをしてしまうのです。

ぼくらは社会に生きている以上、「自分のため」を徹底していくと、結局「他人のため」に行き着きます。

徹底的に利己的になれば、自然と利他的になる。そして利他的になって周囲から認められれば、もっと利己的に振る舞える。このループは不思議なもので、人間の文明を発展に導いた、一つの優れた本能だとぼくは思います。

おバカな若者に対しては、「損害賠償請求をすればいい。見せしめれば、真似をする人は減る」といった厳罰主義的な意見も聞こえてきますが、ぼくはそれは不健全だと考えます。

関連記事:罰を与えれば、バカな若者は冷蔵庫に入らなくなるのか

今必要なのは、正しく利己心を養う教育をすることです。社会のため、他人のため、ということを考えるのではなく、まずは人々が、「自分のため」を一歩深く捉えることができるようになるべきなのです。

そんなことを、長老の言葉から考えました。これ良い本なので多くの方におすすめします。

あわせて読みたい

「アルバイト炎上事件」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  7. 7

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。