記事

研修会など

 石破 茂 です。
 東北北部、北海道南部の豪雨災害に遭われた地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
 昨日夕刻は秋田市で行われた富樫博之代議士のパーティに出席し、夜行特急で今朝帰京したのですが、本当に今年の夏の天候の異常さには何か不気味なものを感じます。

 一昨日は参議院当選一期生の議員に対する研修会を催しました。
 衆議院と参議院は同じ自民党といってもかなりカルチャーが異なっているのですが、どちらが良い、悪いという問題ではなく、両院の置かれた経緯とそれぞれの特色はよく認識しつつも、なるべく自民党としての一体感、相互扶助精神の醸成に努めたいと思っております。

 お互いに「頼まれれば選挙の時に選挙カーに乗ったり、街頭演説や個人演説会に参加するだけ」というのではなく、互いの選挙を全力で助け合い、それによって自分の選挙も強くなる」ということでなくてはなりません。消費税、社会保障改革、農政改革、TPP、集団的自衛権、原発再稼働など多くの困難な課題を乗り越えていくためには、「選挙に強い自民党」を作っていくことが絶対に必要です。「voice」九月号に掲載されている菅原琢准教授の論考はその観点から示唆に富んだものです。

 都議選、参院選の選挙期間中、そしてその後とほとんど自分の事務所の書類や書籍の整理が出来ていなかったため、どこに何があるのかさっぱりわからない状態となり、仕事の能率が大きく落ちてしまいました。その間も書類や書籍はどんどんと送られてくるのであり、あれを読みたい、これも読まなければと思いながら、そのうち何処にあるのかわからなくなってしまうという悪循環に陥りつつあります。夏休みの一日はこれらの整理に充てなくてはどうにもなりません。

 朝六時のNHKニュース以外、テレビというものを見る機会が全くと言っていいほどに無くなってしまいました。それでたいして困らないのですからまあこれでもいいのかもしれませんが、いつかも書きましたけれど「幹事長、今日の○○の報道についての見解を!」などと待ち構えている記者諸兄姉にマイクやレコーダーを突きつけられても対応の仕様がありません。もう少し時間の使い方をうまくやらなくてはならないのでしょうね。

 新聞にせよ、テレビにせよ、記者諸兄姉の担当期間は大臣の在任期間よりも短いのが通例で、どうしても報道は事の本質よりも現象面、事象面に偏りがちです。政治部ではなく政局部だと揶揄される所以であり、「もっと勉強してから報道してくれ!」と言いたくもなるのですが、これは諸兄姉の責任ではなく報道各社の姿勢そのものの問題であるように思われてなりません。

 憲法改正や集団的自衛権行使容認に限らず、諸懸案の解決にあたっては、このことをよく認識しながら、真摯かつ周到に運んで行かなくてはなりません。

 明日から、党務のある日を除いて一週間ほどお休みを頂けそうです。纏まった休みは十数年ぶりであるような気もしますが、海外旅行になど行けるはずもなく、墓参りや初盆のお参り、書類整理などで終わってしまいそうです。

 皆様お元気でお過ごしくださいませ。

あわせて読みたい

「参院選2013」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  9. 9

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  10. 10

    日本版CDC創設を阻む厚労省の罪

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。