記事

「閉じた文化圏」の先へ 〜2010年代の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」論 その2

1/2

前回に続いて、今回もRIJ論。今日は長いよ!  



■「邦ロック界隈」というもの



まず、前回の「ロッキン文化圏」の話、ツイッターでの反応が大きく二つにわかれていて、すごく興味深かった。
















大きくわけると、今のRIJや邦楽ロックシーンを巡る状況から離れている30overの層は集合写真の連続に衝撃を受け、レジーさん含めそれを知っている層からは「RIJだけじゃないじゃん」とツッコミが来たということだと思います。その通りなんですよ。「ロッキン文化圏」は別にRIJだけに限った話じゃなくて、その行動様式は今の「邦ロック界隈」の全体に波及している、という。なのでRSRにもアラバキにも、その他いろんなフェスやワンマンにも、ああいう状況は表れているんだと思います。

■ブッキングがもたらす物語性



そして、もう一つの大きな特殊構造はブッキングの持つ物語性。これについては、以下の記事に詳しく書きました。


"ゲーム化"する夏フェスで、Perfumeはいかにして勝ち上がったか - Real Sound|リアルサウンド
http://realsound.jp/2013/08/perfume.html

 RIJの特殊性とは何か? いろんな側面があるが、まず大きな特徴はブッキングがもたらす物語性にある。計6つのステージはそれぞれ大きさが異なり、なかでも6万人収容可能のメインステージのステータス性が非常に高い。そして、多くのアーティストは複数年出場を果たしている。そうするとどうなるか? 出演者に「次はもっと大きな場所で出たい」「来年はもっといい時間帯でステージに立ちたい」という欲求が生じるのだ。実際にMCやインタビューでそういう発言をするミュージシャンも少なくない。例えば、デビューしたばかりの新人バンドはまずキャパの小さなテントに出演し、そこで喝采を浴びて客を集めれば、次はより大きなステージにステップアップする。さらにその次はメインステージに立つ。そうやってバンドが「フェスの場で勝ち上がっていく」風景が可視化される。つまり、RIJは約150組の出演陣がメインステージのヘッドライナーを目指す一種の「ゲーム」として設計されているわけである。


00年代中盤はまだサザンやミスチルや矢沢永吉のような国民的な人気を持つアーティストがヘッドライナーをつとめていた。しかし昨年の2012年に3日間の大トリをつとめたのは、それに比べて世間的な知名度では遥かに下回る3ピースバンドのACIDMAN。それでもチケットはソールドアウト。このことが証明したのは、もはやRIJはヘッドライナーが誰かによって動員が左右される他フェスとは違う盤石の動員体制を築き上げたフェスであるということ。そして、そこのトリをつとめるのは、RIJのお客さんを熱狂させ、主催者側に評価され、「フェスを勝ち上がった」アクトなのである。



もちろん、ステージがどんどん大きくなってそこにファンも高揚するという構造は、他のフェスにもあると思います。いわゆる「BECK」的ストーリーはどのフェスでも生まれているんですよ。

でも、フジやサマソニなどのフェスとRIJとの最大の違いは、「メインステージ朝イチのステータス性」にあって。フジはメインステージの朝イチや昼間にあえてユルい音楽性のアーティストを出演させる傾向があるし、サマソニもメインステージの一発目は無名の洋楽アクトがつとめることが多い。あと、ライジング・サンはオールナイトゆえにヘッドライナーのプライオリティが比較的薄い。

そういうわけで、複数年開催とステージの階層的な構造を前提にした「フェスというゲーム」をここまで徹底的に設計しているのはRIJくらいだと思うんです。端的に言えば、イベンターが作っているフェスとメディア企業が作っているフェスの違いというか。

さて、ここまでのまとめ。RIJのオーディエンスは、「ロッキン文化圏」というものを形成している。その文化は「邦ロック界隈」にも波及しているけれど、それが「音楽シーン」や「日本のバンドシーン」と決してイコールでないのは、たとえばceroやシャムキャッツのようなバンドがRIJに出演してないことからも明らかで、要は僕の見立てとしては、RIJというフェスは「参加したお客さんがどこよりも快適に過ごせるフェス」であると同時に「閉じた文化圏内で行われるゲーム」というものなのです。

■「一体感至上主義」が作り出したもの



そう考えていくと、この現象はやっぱり、以前の記事でも書いた「邦ロックフェスで盛り上がる定番曲のBPM」という話につながっていくわけなのです。

「ロッキン文化圏」にワークする曲調は、ざっくりBPM130〜140代の四つ打ちか、BPM180〜190代のタテノリ。前者では手拍子が打ちやすいし、後者では「オイ! オイ!」のコールを乗せやすい。実は僕はいろんなバンドのステージをBPMカウンターを片手に見てたんだけど、盛り上がるテンポというのがやっぱり決っている。

フェスの現場にいくと大体わかるんだけど、まず暑いんですよ。それにみんな同じロゴのTシャツを着て、タオルを首にまいている。で、集合写真のノリが象徴するように、そこに集まっている人は一体感を得たがっている。音楽をツールにしたコミュニケーションを求めている。アガりたい。手を挙げたいし、コール&レスポンスしたいし、タオル回したい。「一体感至上主義」とも言うべきムードが、自然と立ち現れてきている。そうなると、音楽としての良し悪しとか以前に、そういう環境でワークする曲調って、やっぱり絞られてきてしまう。新人バンドにとってRIJとは「勝ち抜くためのゲーム」なので、30分のステージの間に余計なタマを投げているヒマがない。

もちろん今年出た安全地帯のように、そういう「お約束ごと」を全部ふっ飛ばして歌の上手さだけで持ってっちゃうような人もいる。奥田民生のようなベテランがその「RIJというゲーム」に乗っかっているわけでもない。そういう意味ではフェスの場に一定の多様性は保たれていると思います。

でも、環境やアーキテクチャが音楽性を規定している、一体感至上主義が「閉じた文化圏」を形成しているという面は否めないと思います。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  6. 6

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  10. 10

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。