記事

太平洋を大回遊する「クロマグロ」 その資源管理のカギは「日本海」にあった

2/2

境港の漁法はクロマグロを「絶滅」に追い込む可能性がある?


この木村教授の講演があった1週間後、まさにこの問題に切り込んだ取材記事が、雑誌「WEDGE」のオンライン版に掲載されました。「ウナギの次はマグロが消える」というショッキングなタイトルが付けられたレポート記事です。

WEDGEの記事は、「境港のやり方はクロマグロを絶滅に追い込む可能性があります」という境港市の漁業関係者の言葉や、「青森県の大間1年分のマグロを巻き網により1日で獲っている」という三重大学の勝川俊雄准教授の指摘を紹介したうえで、次のように記しています。

「境港はイワシやサバの漁をしていたが、乱獲により魚が減少したため、04年から沖合に産卵海域のあるクロマグロを新たな獲物にした。高性能のソナーを使い、巻き網でクロマグロを根こそぎ獲る。大間などで行われている一本釣りと異なり、巻き網は文字通り魚を一網打尽にする。(中略)境港のクロマグロ漁は未成魚と産卵親魚の乱獲という資源管理上好ましくない漁業を行っているのだ。環境団体として名を馳せるグリーンピースも『境港には特に注意している』(花岡和佳男・海洋生態系担当)と目を光らす」

このレポート記事で特に気になるのは、「境港のクロマグロ漁は未成魚と産卵親魚の乱獲という資源管理上好ましくない漁業を行っている」という指摘です。私は専門家でないので、境港の巻き網漁が、クロマグロの資源管理にどの程度のインパクトを与えているのかは分かりませんが、木村教授の話とWEDGEの記事を照らし合わせると、将来に大きな影響を及ぼす可能性があるかもしれないと危惧せざるをえません。少なくとも、専門家やメディアが境港の動向を注視していく必要があるといえるでしょう。

しかし、新聞などのマスメディアが伝える境港のクロマグロ漁の記事は、ほとんどが「クロマグロ好調 昨季水揚げ量上回る」「マグロのぼりで水揚げ日本一PR」といった、ノンキな調子のものばかりです。地元で取材している記者には、町おこしの記事だけでなく、「世界のクロマグロ資源と境港の漁がどのような関係にあるか」を考察した記事も発信してもらいたいものです。

養殖のための「幼魚」の乱獲も問題となっている


マグロ資源の枯渇という観点では、もう一つ、養殖の問題もあるようです。この点については、講演後の質疑応答で、「ヨコワ(クロマグロの幼魚)を獲ってきて育てるのは、資源枯渇に影響しないのか」という質問が出ました。木村教授の回答は次のようなものでした。

「少し前までは、ヨコワを捕まえてきて養殖しても、大きな影響はないと思われていました。2000年ぐらいまでは養殖の技術が確立していなかったためです。しかし2000年ぐらいから養殖ができるようになってきて、最近はいろんな業者が参入してやれるようになりました。そのため今は、ヨコワを大量に巻き網で獲って養殖に回すというのは、資源を枯渇させる原因になっているのではないかと指摘されています」

このような状況に対応するため、政府でも動きは出ています。一つは養殖場に対する規制で、現在は、養殖場の規模拡大を認めない方針がとられています。もう一つが、未成魚の乱獲を防ぐための対策で、水産庁は沿岸部でのクロマグロ漁の漁船数について、2014年から総量規制を実施する方向で検討しているということです。

クロマグロの資源管理において「日本海」は重要なカギを握っている


木村教授が講演を通じて何回か口にしていたのが、「資源管理」という言葉です。1回の産卵で1000万粒もの卵を産むというクロマグロに「管理」という単語は似合わない感じもしますが、漁獲技術の進歩やマーケットの拡大に伴い、クロマグロという「資源」が危機に瀕しているのは確かなようです。

そして、クロマグロの資源管理において、「日本海」での漁獲のコントロールが重要なカギを握っているらしいということが、今回のシンポジウムでわかりました。これまでマグロを口にするときに日本海のことを頭に浮かべたことはありませんでした。

でもこれからは、沖縄の近くで生まれた卵が北上して日本海に入り、そこで大きくなって太平洋に出ていき、再び日本の沿岸に戻ってくるという、クロマグロの壮大な回遊ルートをときどき思い浮かべながら、その「資源」の有限性についても考えをめぐらせてみたいと思います。

(取材協力:日本財団)

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  5. 5

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。