記事

マスコミを信頼する中国人と信頼しない日本人?

『J-castニュース』が配信していた、「新聞が書かない日中の共同世論調査の中身 日本のメディア『客観的で公平』はわずか25%」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。

1 記事の紹介

 「言論NPOが2005年から毎年実施している、中国国営の中国日報社との日中共同世論調査」の結果が公表されたことを受けての記事です。

 「それによると、『自国のメディア報道は客観的か』の問いに、日本人は25.4%が『客観的で公平な報道をしていると思う』と回答。『客観的で公平な報道をしているとは思わない』が25.1%、『どちらともいえない』が36.3%、『わからない』が13.1%」でした。

 「これに対して中国人の回答は、『客観的で公平な報道をしていると思う』と答えた人がじつに84.5%もいた。『客観的で公平とは思わない』という人は7.5%。『わからない』(回答拒否を含む)は8.0%だった」そうです。

 この結果について、「日本の社会としては健全なこと」という意見を紹介する一方で、中国人は84.5%もの方が自国メディアの日中報道を「客観的で公平」と判断し、前年の64.4%から20.1ポイントと大幅に増えたことについて、苦言を呈しています。

 これまでは、中国でも「毎年約25%の人が客観的で公平性に欠けると思ってい」たわけですが、「それが今年は『わからない』とあわせても16%程度の人しか、そう思わなくなったわけで」、「これでは対日感情が悪化するのも無理はない」としております。

 「一方、沖縄県・尖閣諸島問題をきっかけに、日中両国の印象は大きく変わ」り、「現在の日中関係を『悪い』と判断する日本人は79.7%、中国人は90.3%で」、「過去9年の調査で最悪の水準となった」ことを紹介しています。

 「中国人がみた日本の印象で最も多かったのは」、「覇権主義」(48.9%)で、「『軍国主義』とみている人も41.9%」おり、「中国人の7割が、日本人を『好戦的で信用できず、利己的』とみている」そうです。

 「こうした言論NPOの調査結果は、2013年8月5日付の毎日新聞と朝日新聞が報じた」ものの、その中では、「『自国のメディア報道は客観的か』の問いについては一切報じなかった」としています。


2 「軍国主義」日本

 日本が「軍国主義」(右傾化)であるという主張は中国では良く聞かれる話で、特に目新しい話ではありません(不景気に苦しみ政治に失望している日本はファシズムが台頭している?尖閣購入に関する中国のプロパガンダ記事)。

 ただ問題はこの元記事にあるように、本気でそうしたことを信じる人がどれだけいるかという話です。この記事では分かれて書かれていますが、私はこうした中国政府の主張を信じる中国人が増えたのは、尖閣諸島問題とは無関係でないと考えています。

 つまり、日本が中国の「神聖不可侵」な領土を再度奪おうとしているという主張を信じる人が増えたという話かと思います。領土問題で、なおかつ日本が実行支配しているところなので、「侵略」とは全く何の関係もないはずの話なのですが、そうはならないのが中国の怖いところです。

 「南京大虐殺」でも「30万人」という数字が独り歩きしてしまっている状態を見るとよくわかりますが(名古屋市長の南京事件否定発言2(中国紙の原因分析を基に))、かつての日本の「侵略」を連想されるものは特別で、そうしたものが刺激されるとどうも理性的な判断ができなくなってしまうようです。


3 メディアに対する信頼

 今回の元記事の様にメディアが自己保身を第一に考える機関であること(これはメディアだけではありませんが、メディアが他人のことをあれだけ激しく批判する以上、自分に対しては厳しくあるべきだというのが私の意見です)が広く知れ渡ってしまったことが信頼をなくす最大の原因なのではないでしょうか(巨人軍の契約金問題とマスコミ批判)。

 以前は情報源がメディアしか存在しなかったため、その情報の真偽を確かめることもできなければ、何かおかしいと思ってもそうした感想を広く共有することもできませんでした。

 ところが今はインターネットの発達で、誰でも自由に意見を述べることができるようになった結果、おかしいと思えばすぐにそうした意見を述べることができますし、事件の当事者自らがマスコミ取材の問題点などを述べることも可能となっております(橋下市長が慰安婦問題について会見した意義)。

 こうしたことが相まってマスコミに対する信頼が低下しているのが日本の状況だと思いますが、私も元記事にある様にこれは健全なことと思っております。


4 最後に

 今回こうした結果が出ておりますが、私の知っているいわゆる「知識階級」と呼ばれる中国人は間違っても政府や政府の公表するメディアを全く信頼しておりません。

 中国の場合、「反日デモ」を行うような馬鹿者もいれば、それを批判する人もいるように(中国に「反日教育」は存在しない(反日デモも言うほど怖くなかった)?)、いろいろな人がいます。

 そのため、今回のアンケートが、どうした人を対象に行ったかわからないので何とも言えないのと、日本絡みなると冷静さを欠く人が多くなるので、こうしたことが影響を与えた面もあるのではないかと考えています。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。