記事

社会保障と税一体改革の前進を

社会保障国民会議の報告について、多くの報道がなされています。

昨年、 野田総理を先頭に、政権をかけて取り組んだ、次の世代に借金のツケ回し をせず、今生きている世代で、この超少子高齢社会の社会保障を、できるだけ 担っていこうと、民主・自民・公明の3党合意で8本の法律を通しています。

課題として残った、医療・介護、そして年金の改革、一体改革でかなり進めた 子育てについても合わせて、今後のあり方を1年間、専門家に議論して、いた だいたものです。

年金の抜本改革に全く触れられていないのは残念ですが、 民主党政権の時に方向性を出したものも、多く含まれています。

これから、圧倒的多数の自公政権に、法律を通したものも含めて、真剣に 取り組んでもらうよう、野党の知恵も求められると思っています。

民主党が3党協議から離脱という報道は、あたかも3党合意を反故にするかの ようで、本意をとらえていないということを聞きましたが、メディアによる情報の 力も借りて、国民のみなさんに、安心の社会保障と公平な負担について考えて いただくためにも、情報発信を上手にしてほしいと思います。

あわせて読みたい

「社会保障」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。