記事

「参議院議員選挙の結果と今後の進むべき道」活動レポート8月号

訴えは徹底した規制改革中心の成長戦略

参議院議員選挙が終わりました。私も、みんなの党の政調会長兼選挙対策委員長として全国20都道府県を応援演説で回りましたが、各地で温かいご声援を頂きましたことに心より感謝申し上げたいと思います。私が選挙で主に訴えましたのは、経済の活性化のためには徹底した規制改革中心の成長戦略が必要で、そして、その実現のためには既得権の打破が必要だということでした。

選挙の結果は5議席増

選挙の結果は自民党、公明党が大きく議席を伸ばすものとなりました。私ども、みんなの党は選挙区4議席、比例区4議席と改選3議席から5議席増の結果でした。胸を大きく張って大躍進とよべるレベルではないにせよ、躍進と報じられている共産党が3議席から8議席に伸ばしたのと同じ議席増であることは評価できるものだと思います。

政策をアピールし、ロードマップを示していく

みんなの党の全国比例区における得票率は去年の衆議院議員選挙では8.72%でしたが、今回の参議院議員選挙では8.90%と微増いたしました。この結果は民主党が16.0%から13.40%へ、日本維新の会が20.38%から11.90%へと、それぞれ得票率を減らす中で、よく踏みとどまったと言えるでしょう。自民党、公明党はそれぞれ、27.62%から34.70%へ、11.83%から14.20%へと、全国でかなり得票率を伸ばしました。従って、民主党、日本維新の会の減少分を自公に取られてしまったことは反省しなければなりません。今後は、さらに、しっかりと政策をアピールし、その実現のロードマップを示していく必要性があります。

国政改革に邁進する

そうした中、選挙後にみんなの党が混乱しているかのような報道が出たことについて率直に皆様方にお詫びを申しあげたいと思っています。せっかく、小さいながらも躍進して、これから野党再編の核としてみんなの党に注目が集まる中で、こうした報道が出ることははなはだ遺憾であります。参議院議員選挙の総括をしっかりと行った上で、党の中で糺すべきところは糺し、一致結束して同じ理念、哲学の下、今後の国政改革に邁進したいと考えております。今後ともご支援やご鞭撻をよろしくお願いいたします。


衆議院議員 浅尾慶一郎

あわせて読みたい

「参院選2013」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  2. 2

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。