記事

iOS版Facebookアプリは下メニューバーを全員に適用した方がいいかもしれない件

モバイル広告が順調に成長しているFacebook。特に昨年HTML5からネイティブアプリへアップデートさせてからはニュースフィードの消費量が2倍になったりしている。

それで、さらにエンゲージメントを高めるべく、Facebookは様々なテストをしているのだが、私は数ヶ月前からずっと下メニュー版のA/Bテスト対象になっているようだ。

画像を見る

画像を見る

普通のFacebook iOSアプリは横スライド型で、左上のメニューボタンがメインになっている。

メニューを押すと、ニュースフィードやグループ、管理しているFacebookページなどにアクセスできる。それと上に通知が3つー友達リクエスト、メッセージ、ノーティフィケーション全般ーが用意されている。

これに対して私を含め、下メニュー版は下に5つのメニューが用意されていて、左から「ニュースフィード」、「友達リクエスト」、「メッセージ」、「ノーティフィケーション」、「More(グループやFBページ管理)」となっている。

最初、このデザインが適用された際は慣れずに使いにくいと感じたのだが、数週間するとこちらの方が使いやすいと思えてきた。

そう思った大きな要因の1つはやはり縦長なiPhone5の影響である。iPhone4Sまでは上の通知をタップすることは簡単だったのだが、どうもiPhone5にしてからは指が短いせいか、右手でiPhone5を持っている時に左上のメニューボタンをタップするのが苦痛である。

これはFacebookアプリだけでなく、他のアプリでも感じているのだが、男性ならまだしも、手の小さい女性なんかはかなり苦痛なのではないだろうか?

TwitterのiOSアプリを見ると、この点は気にしていて、右上に「新規ツイート」と「検索ボタン」をまとめて配置し、左上には何も置いていない。

画像を見る

Facebookアプリの場合はメニューボタンを押さなくてもスワイプで全画面に戻れるので、まだ少しは良いのだけど、それでもタップすることも多々あるから下にメニューがあるとありがたい。通知も上にあるより下にある方が簡単にタップできるし。

それに加えて、下メニュー版では複数ページを開いておけるという利点がある。

例えば、通常のアプリデザインだと「通知をクリックして、グループ内の投稿を見る。ニュースフィードを見る為にメニューからニュースフィードへ。またグループに投稿があったからグループを見に行く」という作業が発生していた。

だが、下メニュー版だと、「More」からグループを選択しておいて、次にニュースフィードをチェックし、グループを再度見たければ「More」をタップするとさっき見ていたグループの画面がそのまま表示されている。

これはノーティフィケーションのタブも同じで、ニュースフィードで共有されてた記事を読んでる途中にグループを見に行っても、ニュースフィードタブへ戻ったら記事を開いている状態で戻って来れるなど、中々の使いやすさである。

はっきり言って、今から前のデザインに戻されると若干使いにくさを感じてしまうのではないかと思う程だ。

もしかしたら、iPhone5とか他の縦長スマートフォンの割合が高まるにつれて、皆にもこのデザインが適用されるかもしれない。

ただ、1つだけ懸念点があるとすれば、下にメニューを置くことでコンテンツの表示範囲が少なからず削られるので、ニュースフィードの消費量が数%下がってしまう可能性があるといったところだろうか。私はあまり減っていない気がするけども。

他に「僕/私のはこんなデザインになってるよ!」という方が居たら、ぜひ教えてくださいな。

あわせて読みたい

「Meta(旧Facebook)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。