記事

積立金基本方針に関する検討会

「って何のこっちゃ」というところだが、要は公的年金の資金運用が一元化するため、これまでばらばらだった運用方針の統一化を図ろうという主旨の、厚労省主催の検討会である。

もう少し説明すると、公的年金(報酬比例部分)は、厚生年金(年金積立金管理運用独立行政法人、長ったらしすぎて覚えられないので略してGPIF)、国家公務員共済、地方公務員共済、私立学校教職員共済が大部分を占めていた。こられの資金を2015年10月から「一元的」に運用しようとしている。その運用指針作りである。もっとも、公的年金はこれだけではなく、実はもっといろいろあって複雑怪奇なのだが、それはさて置く。

「一元的」と一元は異なっている。今回の措置は、これまでの事務組織や運用機関を残したままであり、それぞれの運用方針がてんでばらばらにならないように、縛りを作ることに意図がある。どういう結果になるのか、具体的にはまだ見えない。今年度いっぱいの議論とか。

それはともあれ、その検討会に出席して「あれれ」と思った。元日本生命関係の検討会委員が多数を占めていたから。総勢6人の委員のうち、浅野幸宏氏、臼杵政治氏と僕の3人がそうである。実は、事前に委員名簿は配られていたのだが、性格がいい加減なので、出席してはじめて悟った次第だ。

しかも、臼杵氏はGPIFと国家公務員共済、浅野氏は地方公務員共済、僕は私学共済の資金運用に関わり、外部者からは「壮絶なバトル」、「縄張り争い」がイメージされる。元の組織か、今の組織かというところか。実際は今の組織から莫大な報酬をもらっているわけでもなし、元の組織とは縁遠くなっている(少なくとも僕はここ数年、日本生命の東京の本社ビルに近寄ったこともない)ので、何も起きないだろうが。

意味があるとすれば、3人は各々親しいながら、揃って顔を合わすこともなかったから、合同同窓会みたいなものか。そう考えれば楽しみな検討会である。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

  8. 8

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  9. 9

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  10. 10

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。