記事

アフラックは郵政との提携でシェア回復を狙う!?

7月30日の日本経済新聞・朝刊に、先週末発表された日本郵政とアフラックの業務提携に関する記事がありました。

【管理人の感想】
提携でシェア独占に戻すのは困難。

日経は記事で、
 アフラックのなりふり構わぬ動きの背景には、経営が正念場を迎えていることがある。

 2001年、がん保険など「第三分野」商品の販売が大手生損保に解禁され、外資系が事実上独占してきた特権が崩れた。ひとまず、第一生命保険と販売提携して国内勢の攻勢をかわしたが、最近は価格競争が激しくなり、独占的なシェアを維持できなくなった。

 日本市場でのがん保険保有件数シェアはなお7割ある。だが、米国の企業でありながら、アフラックは収益全体の8割を日本で稼ぐ特異な収益構造を持つ。日本でのシェア回復が最重要課題となった巨人は復活に向け、日本郵政と組んだ。

―と述べています。

佐藤さんが今回の記事を読んだら、不覚にもビールを吹いてしまうことでしょう。

アフラックは「21世紀がん保険」と「医療保険EVER」を投入して、第三分野解禁後も新契約を伸ばしましたが…日経は思い切りスルーしていますね^^;ま、日経ですから仕方がないのですが…。

確かに、訪問形式と来店形式の要素をもつ郵便局での取り扱いを増やせば、アフラックのショップを含めた個人代理店や法人代理店が掘り起こしていない個人客を取り込むことが可能かもしれません。

しかし、すでに損保系生保やオリックス生命といった中堅生保が着実に契約を増加させている状況では、かつてのようなシェア独占状態に戻すことは極めて難しいと思います。

個人的には、医療保険やがん保険に比べて手薄な死亡保障分野を強化する方が、クロスセルを通じた既存契約者のグリップ強化や代理店の強化といった効果があるではないかと勝手に考えています。

あわせて読みたい

「アフラック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  4. 4

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  5. 5

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  8. 8

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  9. 9

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  10. 10

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。