記事
  • mkubo1
  • 2013年07月27日 01:39

IMFがユーロ圏に求めること

IMFは、ユーロ圏は、銀行と雇用を強化すべきだと言っています。

銀行は資本増強をするようにということです。

これは、ユーロという財政と金融が不一致の場合、金融市場にストレスがかかりやすいからであり、資本増強を最優先課題としています。

資本増強というのは、資本を増やす方法と資産を圧縮する方法があります。

雇用は、労働市場の柔軟性を増すということであり、こちらは、雇用の流動化と賃下げを意味します。

こういう改革は、言えば、貸しはがしと賃金圧縮なので、デフレ圧力がかかります。

よって、痛みを伴いますから、痛みを和らげるために、金融緩和が必要であり、ユーロ圏の場合は、それが米国のようなQE政策ではなく、LTROになるであろうということです。

実際、ユーロ圏の銀行株の動きは、6月にサポートラインの100で下げ止まり、現在、戻しています。

もちろん、周辺国の政治的な危機が遠のいたこともあるのですが、銀行の収益性が、戻りつつあるのも事実なのです。

スペインのごみ箱のような銀行であるバンキアは、2012年に190億ユーロの赤字を計上しましたが、この1-3月気には、7400万ユーロンお黒字になっています。

ECBは、フォワードガイダンスを採用して、今のところLTROの再開ということはないのですが、改革を行う過程でデフレ圧圧力が増せば、LTRO再開へとなる可能性は否定できません。

いずれにしても、本格的な議論は、ドイツの選挙後だと思います。

最後に、逆に、銀行株指数が100を切れるようなことになれば、それは、ベアマーケット入りのシグナルかもしれませんね。

【ユーロ銀行株指数】

リンク先を見る


あわせて読みたい

「欧州経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  5. 5

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  6. 6

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  9. 9

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  10. 10

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。