記事

選挙後に考えるべき公職選挙法再改正

 そんなわけで、参議院選挙投票前日。Parsley個人はまだ投票先を決めかねているという優柔不断ぶりで、なんというか気が乗らない。いろいろな方が「投票に行きましょう」と呼びかけているけれど、「棄権する」という行為も政治的な判断として認められてしかるべきだというのが個人的な考えなので、よく熟慮した上で判断したいし、皆様にもおすすめします。

 それはそれとして。今回の選挙から改正された公職選挙法が適用されて、インターネットを利用した選挙運動が認められている。が、「選挙運動期間」として定められているのは公示日から投票前日まで。つまり、今日7月21日0時をまわった後に、特定の候補者や政党に投票を呼びかけるようなブログエントリーやtwitter・Facebookなどの更新をすると違法となってしまう。

 もちろん、インターネットに限らず投票日当日の選挙運動が認められていないわけだけど。その理由について少なくとも総務省や各選挙管理委員会では明確にしていない。投票所の前で各候補の陣営が集まっていたら迷惑じゃん、ということなのだとは想像つくけれど、それなら道路交通法などほかの法律でも規制することができるし、「そういうものだから守りなさい」というのは個人的には腑に落ちない。

 同じように、未成年者の選挙活動が出来ない理由や、今回の改正でUSTREAMやニコニコ生放送などでは配信できるものが、テレビ・ラジオだと規制されるなど、つじつまが合っていないのではと思えるような部分が公選法にはいくつもある。

 これは、選挙の区割の変更など、時勢に合わせて改正を繰り返すという形で肉付けされていったという経緯も関係しているように感じる。いわば増築を繰り返した建物のようなもので、そこにインターネットでの選挙活動という「部屋」を加えたことで、さらにバランスが悪くなってしまっているとも取れる。

 なので、参院選が終わった後は、今回は解禁にならなかった一般有権者のメール利用に限らず、投票当日の扱いや未成年者の処遇なども含めた公選法のあり方について、議論を深めていくことが理想的。おそらく「一票の格差」の問題もここにリンクしてくるので、よりよい制度になる方向に行ってもらいたいなぁ…。現状を見る限りは等閑にされそうな気がするけど、Parsleyの予想を裏切る展開に期待したいですね。

 あ、現行の公選法では、投票日当日に選挙運動またはは当選を得させないための活動とみなされるツイートやブログを更新すると違反になります。1年以下の禁錮もしくは30万以下の罰金に加えて、選挙権&被選挙権も停止させられるとあり、特に後者の公民権を失うのが地味に大きいと思われるので、皆様お気をつけて!!  

あわせて読みたい

「公職選挙法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  9. 9

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

  10. 10

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。