記事

国民的人気イベント「流行語大賞」の仕掛け人に聞く――賞金ゼロのアワードが30年間日本人を魅了し続けている理由とは?

1/2

年末恒例行事の一つとして、「ユーキャン新語・流行語大賞」(以下、流行語大賞)は外せないでしょう。
この大掛かりなイベントを仕切るのは、流行語大賞を生んだ本「現代用語の基礎知識」の清水均編集長をはじめ、編集部員4名、外部のイベント会社に所属する3名の計8名です。

大手イベント会社を頼らず30年近くこのイベントを仕切ってきた清水編集長に、なぜ日本の大衆は流行語大賞に惹き付けられるのか、また長きにわたってイベントを継続できた秘訣について語ってもらいました。

画像を見る

流行語大賞を運営する株式会社自由国民社 現代用語の基礎知識 編集長の清水均さん

その年の象徴的なまとめになる“お祭り”を開催したい!

画像を見る

サイボウズは毎年「11月26日(いいチームの日)」に「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」という、その年のベストチームを表彰するアワードを協賛しています。今日は同じくアワードの大先輩である「流行語大賞」のイベント仕掛人・清水さんに、アワードが始まった経緯や、どうしてここまで愛されるイベントに育ったのかなどご質問させていただきたくて、取材に伺いました。よろしくお願いします。

画像を見る

こちらこそよろしくお願いいたします。

画像を見る

まず、「流行語大賞」が始まったきっかけを教えてください。

画像を見る

流行語大賞は、イベントありきで始まったわけではなく、毎年末に出版される「現代用語の基礎知識」が元になっています。この本は、第二次世界大戦終了後の1948年10月に創刊されました。それから毎年、新年版が年末に刊行されるものとして、今日に至っています。

最初にこの本を作った創刊編集者が、その時代を象徴する言葉を厳選して事典というのか、とにかく1冊の本にまとめようとしたことは事実ですが、それを毎年リリースする「年刊」にした意図はわかっていません。もしかしたら、すでに、「流行語大賞」の開催をもくろんでいたのかもしれませんね(笑)

画像を見る

古くから創刊されていた「現代用語の基礎知識」

画像を見る

イベントはいつスタートしたんですか?

画像を見る

1984年です。1980年代前半は「情報化社会」とか「ニューメディアの時代」と言われ、その流れで「イミダス」「知恵蔵」など、情報用語辞典が次々に発表されていくという時代でした。自由国民社は、それより40年近く前に「現代用語の基礎知識」を出しているのですから、この分野では先駆けということになります。

「情報化」が盛り上がりを見せ始めたころ、新聞社から年末に「この一年間の大事なことばベスト5を教えてください」という取材を受けるようになりました。はじめは個別に対応しながらポツポツ回答しているだけでしたが、これは公式に発表したら面白がってもらえるかなと思って。でも記者発表みたいな堅いことはガラじゃないので、“お祭り”(アワード)にしたんです。

画像を見る

ことばの発表だけじゃなくて、そのことばに関わりのある人物を表彰しているところが、流行語大賞の面白いところですよね。

画像を見る

そうなんです。ことばの発表だけじゃ堅苦しいし、楽しんでもらえる“お祭り”にはならないでしょう。だからそのことばを発した人物や、増幅した流行の当事者がイベントに集まったら、一般の方々に関心を持ってもらえるんじゃないかなと考えました。そうすれば、その年を象徴的にまとめる”行事”にできるのではないかと。

画像を見る

イベントが始まる前から、本の中では「流行語」の発表はされていたんですか?

画像を見る

ええ、もちろん。昭和20年代から流行語にページを割いています。この本は創刊当時からずっと、政治や経済と流行を同列に扱っている本なんです。

画像を見る

今や知る人はいないと言ってもいいほど知名度のある「流行語大賞」ですが、はじめから注目を浴びていたんでしょうか?

画像を見る

今でこそ多くのマスコミに取材にきていただきますが、始まった当初は全く(笑)。会場は閑散としていましたよ。

そもそも私たちは、本を作ることしか知らない人間の集まりでしたからね。そんな私たちがイベントを思いついただけなので、無理のないことかもしれません。実際それほどたいそうな野心を抱いていたわけではなかったんです。

ただせっかく発表するのだから、翌朝には記事にしてほしいなとは思っていました。どうしたら各新聞が取り上げてくれるのだろうとずいぶん考えたものです。タッグを組んでいたイベント企画会社も、まだ発足したばかりの20代中心の会社で、一緒にあれこれと手さぐり状態だったんです。流行語大賞が始まって以来30年間、結局ほとんど同じメンバーでこのイベントを大きく膨らませてきました。

もともと目標になるような理想のイベントがあったわけでもなく、与えられたイベントイメージもない。小さな活字の出版社と経験の浅い小さいイベント会社が、ああしたいこうしたいと素人感覚をぶつけ合って、少しづつ形ができていったというのが本当のところです。

画像を見る

それはすごい!まさに結束したチームなわけですね。ところで、流行語大賞が有名になった転機は何だったんですか?

画像を見る

いろいろターニングポイントはありますが、スタートして10年後あたりでしょうか。田中眞紀子議員、それに当時の小渕総理、小泉総理と政界のメジャーな面々が次々ち参加してくれるようになったことは大きかったと思います。ちなみに一番最初に参加してくれた政治家は、当時日本社会党の委員長を努めていた土井たか子さんです。

エラい政治家の方々は当時、流行語のイベントに関心をを持ってくれませんでした。その中でひとり土井さんは、庶民的な感覚を持ってられたのでしょう。政治のことばを広めることを熱心に考えておられました。土井さんが参加してくれたことで、思いがけないほど多くの取材申し込みがありました。

画像を見る

1986年のアワードに参加された土井たかこ氏。以来徐々に注目を浴びるアワードになっていきました。

あわせて読みたい

「メディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  9. 9

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。