記事

iPhone5で23歳女性感電死?>実はiPhone4で充電器はニセ物 中国

[画像をブログで見る] iPhone5が馬愛倫Ma Ailunさん;写真 という8月8日に結 婚式を控えた23歳の若い中国人女性の命を奪ったと報道された。中国で2013年7月11日発生したiphoneでの事故死は、全米メディアでも大きく取り上げられ、事故後すぐに運ばれた病院の医師は、彼女の首に明らかな電気的負傷跡が確認できたと語っている( neck had obvious signs of electrical injury.)ことから、感電死とみていいだろう。彼女は事故時、壁のコンセントから電気を取り、充電機で充電しながら通話していた状況のようだ。彼女の身内も、死因は、通話中に受けた電気ショックによるものだと証言している。2013年5月には、中国の消費者協会China Consumers’ Associationが、偽物の充電器の使用はしないようにとの警告を出し、携帯電話は「ポケット爆弾」になりかねず、感電や発火の恐れがあると注意を呼びかけていたことが確認されている。中国人民日報は、一方的にアップル責任論を展開している。 参照記事

Ma Ailunさんは中国南方航空 China Southern Airlinesの客室乗務員で、新疆で12月に正規のアップルストアofficial Apple storeでiPhone5を購入し、充電器は購入時に付いている純正品だったと報道されたが、別な報道では、通常であれば充電に流れる電気は5Vほどの低電圧のため、事故が起こるとは考えにくいという。もしiPhone5に問題なければ、たとえば家の電気に問題があったのか?それともやはりiPhoneの欠陥なのか、疑問の多い事件であり、アップルはまだ調査中。いずれにしろ、充電中の操作は非常に危険だと思っていいだろう。 参照記事 参照記事


[画像をブログで見る]中国中央テレビ(CCTV)の7月15日付報道によると、死亡した客室乗務員が使用していた携帯電話は、外側が金属製素材の「iPhone5」ではなく、実は「iPhone4」で、携帯電話の両側には焼けた痕跡があった。また携帯電話の充電器は、アップル社が中国国内で販売している正規品ではなかったことも判明した。15日の時点で、同社はこれらの新しい事実につい て、正式なコメントを発表していない。(写真:15日のCCTVニュース画面。白い箱が充電器。外観から見て、これは正規のアップル製iPhone用充電 器ではない。)参照記事 ニュース映像

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。