記事

新聞はすべてを署名記事に

若者を中心に新聞離れが進んでいるという。日本新聞協会の調査によると、わが国では2000年には人口1,000人あたり570部の新聞が発行されていたが、2010年にはこれが497部(13%減少)まで落ち込んだ。それでも諸外国と比べて見ると、成人人口1,000人あたり部数(2009年)では、わが国は、米国(201部)、中国(100部)、英国(332部)、ドイツ(278部)、フランス(193部)等を圧倒する新聞大国(日本は459部)であることに変わりがない(もっとも、スイスや北欧諸国は日本を上回る普及度を示しているが)。

日本の市民は新聞を信頼し過ぎている

ところで、ここに面白い図表がある。これは、世界主要各国の新聞・雑誌に対する信頼度をまとめたものであるが、わが国の新聞・雑誌に対する信頼度が突出して高いことが読み取れる。

リンク先を見る













こうなった理由については、やや本筋から離れるのでここでは詳述を避けるが、いわゆる1940年体制の下で、20世紀後半のわが国の政策運営がことごとく図にあたり、未曾有の繁栄を実現したことがやはり大きいと思われる。平たく言えば、お上の言う通りに一所懸命働いたら所得が倍増するような恵まれた社会においては、一般に、人は、大本営発表を疑わなくなるのである。

なお、このような図表をいわゆる日本人論やアメリカ人論で説明する向きが多いが、それは誤りである。生まれたばかりの日本人の子供を、アメリカ人に養子に出してワシントンで育てれば、その子供はアメリカ人と同様の思考パターンを見につけるだろうし、その逆も、また真だからである。

ともあれ、わが国は今なお依然として新聞大国であり、しかも市民が新聞を信頼し過ぎているという先進国の中ではかなり特殊な状況下にある。この2つの条件だけを考えても、社会の木鐸である新聞の責任がとりわけわが国では重いこと、この上ないではないか。OECDのレポート(OECD at a glance 2011 (Figure II.2.))によると、「政府の信頼度」と「国をリードする政治家の能力」との間には、明確な相関関係が見られると言う。わが国ではこのどちらもが、OECD諸国等の中では、最低に近い水準である。これは、極論すれば、民主主義の危機である。新聞は民主主義を守るために、社会を成熟させ、こうした危機を回避する社会的責任を負っているのではないか。いたずらに、権力(≒政府)を批判することだけが、新聞の責務ではあるまい。

新聞記事はすべて署名記事に

わが国の市民社会を成熟させ、国をリードする政治家の能力を高めるために、特に新聞界に望みたいことが2つある。まず、最初は、「国語ではなく算数」の記事を書いてほしいということだ。要するに、形容詞の羅列ではなく、具体的な裏付けのある数字やデータを丁寧に検証・添付してほしいということに他ならない。やや旧聞に属するが、先日のロンドンオリンピックのメダル数や、衆議院議員総選挙の結果についても、算数で考えてみると、大多数の新聞報道とは少し違った見方が出来ることは、別のコラムに書いた通りである(良かったら、参照してください)。

2つ目は、すべての新聞記事を署名記事にしてほしい、ということである。仮にペンネームであっても一向に構わないと考える。要は、記者が特定できればそれでいいのである。ある記者の書く一連の記事が、決してマッチポンプではなく、きちんと整合性が取れていることを誰でも検証できる仕組みが署名記事である。署名記事にすることは、記者のレピュテーションを高めることにも繋がり、良い記事を書こうとする記者のインセンティブを高めることにもなる。まさに、一石三鳥ではないか。先日の当コラムで、書評欄が信頼できるのは、「その道の専門家が本名で書いているからだ」と指摘したが、全く同じことが、どうして同じ新聞の他の記事では出来ないのだろうか。怠慢だと言われても、仕方があるまい。

あわせて読みたい

「新聞業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

  10. 10

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。