記事

「薄気味悪いくらい」溜めこんだ内部留保の使い道

■大企業「内部留保」の最新データ

 日本の大企業(資本金10億円以上)の内部留保が増え続けています。
 大企業の内部留保は、企業の内部にため込まれた利益です。利益剰余金、資本剰余金、引当金、特別法上の準備金の合計で、景気が後退しようが大震災があろうがふえ続けています。30年前は36兆円、20年前は113兆円、10年前が172兆円、そして今は267兆円と大規模に積み上がっています。

 先日、麻生財務大臣に質問しました。麻生財務大臣は、「たまりたまって470兆円ですよ。薄気味悪いぐらいの金が内部留保でたまっておるわけです」と認めました。麻生大臣のいう470兆円というのは、全規模あわせた金額です。(2013年6月19日、財務金融委員会)
 ということは、275万社の中のたった0.2%、5274社の大企業で、267兆円も溜めこんでいるのです。

 以前、私は、日本銀行の白川総裁(当時)に、「なぜ、こんなに溜まっているのか」と質問しました。白川総裁は「特に大企業については、手元資金は今は非常に潤沢でございます。これは各種の統計でももちろん確認できますし、私どもが企業の経営者と会いますと、手元に資金は潤沢にあります、問題はこの資金を使う場所がなかなかないんですということを、金融機関の経営者からも企業経営者からも、これはしょっちゅうお聞きします」と。(2010年9月8日、財務金融委員会)

 本当に「薄気味悪いくらい」溜めこんだ、この内部留保の使い道が分からないというなら、ちゃんと使い道を示してみようではありませんか。
 まず、賃金を上げること。非正規雇用の皆さん、正社員として雇うべきです。そして、下請け単価を上げて、中小企業の経営を安定させることです。

 麻生財務大臣は、内需拡大の必要を認めながら、「需要がないと何かするモチベーション(意欲)もわかない」と具体策に触れませんでした。
 賃上げと安定した雇用拡大によって内需を活発にすることこそ、余剰資金を生かすことができる道なのです。

画像を見る

 このグラフは、財務省「法人企業統計(全産業・除く金融保険業)」より、佐々木憲昭事務所が作成したものです。

あわせて読みたい

「内部留保」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。