記事
  • mkubo1

バーナンキ議長の言いたいこと…QEから時間軸政策へ

米国株や為替の動きを見ていますと、QEの縮小はともかく、利上げ時期についても、マーケットは、思惑が外れたと見るべきかもしれません。

QEの縮小と終了の先に、利上げがあるのですが、この両者は、同一線上にあるのですが、似て非なるものと考えておいた方がいいと思います。


よく言われることですが、2年物の金利差が短期的な為替の決定要因の一つなのですが、米国が利上げをすれば、日米金利差が拡大し、さらなるドル高の可能性があります。

バーナンキ発言以前は、2015年末のFFレートは1%以上になるであろうとマーケットは読んでいたのですが(これがドル高の主原因のはず)、発言以降は、トーンダウンしてしまいました。


つまり、利上げの時期は後退するであろうということで、「まだまだ、利上げは先だ!」ということで、日米の金利差もそれほど差がつかないだろうということです。

であれば…思惑は外れた分、ドルは売られるということです。


一方で、QEの縮小や終了については、直接的に金利に働きかけませんので、QE縮小=金利上昇とはなりません。

特に、2年債のような短いところは、なかなか、簡単には上がらないと思います。


過去、QE1、QE2の終了後は、長期金利が低下したという事実はありますが、これは2つの理由があると思います。

1、 QE政策を止めたので、景気へのサポートがなくなり、成長率が減速するであろうということで、長期債が買われた

2、よって、どうせ、そのうち、金融緩和(QE政策など)を再開するであろうとマーケットが読んでいた


だいたいそんなところではないでしょうか。


しかし、今回は、QE終了の延長線上の利上げの議論になっていますので、QEがなくても、経済は、(緩やかかもしれませんが)巡航速度で、成長できるだろうと思っているわけです。

過去のQE1、QE2の終了時とは、明らかに異なるでしょう。

加えて、長期で大規模なQEの副作用も言われています。


簡単に言えば、QEは、出来るだけ、早めに終わりたい、でも、利上げとなると話は別だよ…ってことではないでしょうか。

マーケットに対して、2年前後の時間を上げるから、利上げの「備え」をしておくようにと言っているような気がします。

ただ、「備え」ができるまで、十分な時間を与えますよ…ってことでしょう。

うむ~、まさに、資産買入れ(量的緩和)からフォワードガイダンスへの転換な気がします。

これは、今後の欧米の金融政策の中心になるようなそんな気がします。

QE政策のメリットは、長期金利を低下させることでしたが、長期金利が低下した後は、ただ、中銀のBSが膨らみ、様々なマイナス要因(副作用)もあるということが認識されてきたのだと思います。


日本について言えば、くどいですが、IMFの見通しでは、米国よりも、日本の方が13年の成長率が高いのです。

主要国で一番成長率が高いという見通しなのです。


やはり、今までのように、円安になるかと言えば、そんな簡単なものではないように思いますね。

株式市場のコールオプションのボラティリティが低下してきているのも、つながっているような気がします。

株は上がるとしても、緩やかなになるのではないかということを示唆していそうです。

(これって、金融相場が終わり業績相場になるということかな)

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  8. 8

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

  9. 9

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  10. 10

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。