記事

「日常からの脱出」を提供する仕掛け−The passenger bar@Madrid

あまりの暑さに、、、いつもとはちょっと嗜好を変えて、「日常からの脱出」を提供している仕掛けを紹介します。


リンク先を見る
via http://www.thecoolist.com/the-passenger-bar-madrid/

長距離列車での旅に出たい・・・とはいえ時間がないという人に、旅に出ている「気分」を提供しているスペインのマドリードにあるバーです。名前もずばり"The passenger"

バー自体が、もともと非日常を提供する場だと思います。職場でも家でもなく、どちらにも所属していない時間の自分と向き合える空間です。つまりバーに行く目的は、必ずしも「ドリンク」ではなく、「時間×気分」です。


リンク先を見る
via http://www.thecoolist.com/the-passenger-bar-madrid/
だからこそ、長距離列車の食堂車を模して、車窓を眺めながらくつろげる空間というのは、すごく相性の良いコンセプトだと思います。

仕組みとしては、非常にシンプル。窓のようになっている部分はスクリーンで、上部にある各プロジェクターが本物の車窓の風景映像を流しているだけです。



 




■新しい技術を活かす場所

最近取り組んでいることにも関係するのですが、現在頭を悩まさせているのは「価格のこなれていない新しい技術・新しい表現の受け入れ先」です。

割高と感じるようなものを、厭わずに購入してくれるイノベーション市場もあわせて考えていかないと、最新技術や表現を育てていくことはできません。

上記のThe passenger barの事例は、非常に示唆に富んでいると考えています。映像へのコスト、プロジェクターを複数設置して運営していくコストがかかりますが、それを上回る集客リターンが得られる設置主にとっては、リーズナブルな設備投資となるでしょう。

社会的に新しい技術や表現方法、商品を生み出すことについて語られているようですが、このリーズナブルと考えてもらえる市場を見つけるという頭の使い方も問われているのだと思います。

ただでさえ暑いのに、考えすぎて熱くなってはいけないので、この辺でw

あわせて読みたい

「テクノロジー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。