記事

ランドパワー理論の四天王

今日の横浜北部はまたしても暖房と加湿器が入っておりまして、外を歩くのが非常につらい状態です。それにしてもいい天気ですねぇ

さて、今月後半は講演会ラッシュが続くのですが、その中で現在ランドパワーの理論に関するものをまとめておりますので、そのメモをここに。

●人類のいままでの歴史では、アルフレッド・セイヤー・マハンがシーパワーの戦略家として登場するまで、戦略思想の研究は実質的に「陸上の戦闘分野の軍事戦略」とほぼ同じ意味であった。

●軍事関連のものを読んだことのあるほとんどの人々が聞いたことのある名前として、ここでは二人の名前を挙げることができる。

●一人目は孫子(Sun Tzu)だ。孫子は紀元前五世紀の「戦国時代」に生きた中国の将軍で、『兵法』を書いた人物。

●二人目はカール・フォン・クラウゼヴィッツ(Carl von Clausewitz)というナポレオン戦争で戦ったプロシアの将軍。彼の『戦争論』は死後に出版された。

●他にもそれほど有名ではないが、それでも戦略思想について本には必ず名前が載る人物が二人いる。一人はアントワーヌ・アンリ・ジョミニ(Antoine Henri Jomini)男爵であり、彼は陸将としてスイス人であるにもかかわらずフランスとロシアの両方に(ナポレオンの参謀としても)従事した経験をもっている。彼の『戦争概論』は多くの意味でナポレオンの戦い方を記述したものであると言える。

●もう一人はバジル・ヘンリー・リデルハート(Basil Henry Liddell Hart)卿であり、第一次大戦中は英陸軍大尉として従軍してから一九二〇年代に退役し、それから軍事関連のことについて著作を書き始めた。中でも『戦略論:間接的アプローチ』は有名である。

この四人はそれぞれ軍事思想家としては有名ですが、「ランドパワーの理論家」としては知られておりません。

ということで、この辺についてはまた時間があったら少しずつ書いて行こうとおもっております。

あわせて読みたい

「軍事」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  10. 10

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。