記事
  • mkubo1

IMFから見たアベノミクス

今朝、IMF関連のブログを書きましたが、IMFのブランシャール調査局長は、日本の2013年の成長率の見通しを上方修正したことについて、アベノミクスを評価するのは、時期尚早だと言ってはいました。

が、一方で、信頼感が高まっているとも言っています。

ただ、確かな財政再建策や構造改革が速やかに実行されなければ、日本の債務への懸念が高まり、国債の利回りの上昇などをもたらしかねないと言っています。

簡単に言えば、「アベノミクスは、リスクがありますよ」ということのようです。

アベノミクスは「3本の矢」からできているのですが、1本目の矢が金融緩和で2年で2%のインフレ率達成、2本目は財政出動、そして、3本目が成長戦略でした。

1本目は、2年2%はなかなか難しくなっているようですが、確かに、金融緩和による資産上昇効果はありました。

ただ、金融緩和の規模が、市場規模に対して大きなものですから、市場の流動性を減少させるという副作用も見られます。

2本目については、昨年度の補正と今年度の本予算で財政出動を行ったわけですが、いったいどんな効果があったのか?

たぶん、借金だけ増えるだけで、経済への効果は限定的であった…従来の自民党政治の延長だったのかと思います。

3本目の矢は、成長戦略でしたが、細かい点ではなるほどというものがあるかもしれませんが、正直、これといった大胆な改革はないと思います。

もしかすると、参院選後に、大胆な改革を出してくるかもしれませんが、既得権との戦いになりますので、既得権の塊の自民党に期待してもという気はしますね。

私は、もともとアベノミクスに批判的ですので、ブランシャール調査局長の意見には、賛成なのです。

2本目の矢と3本目の矢は、ほとんど折れてしまったわけですが、問題は1本目の矢だと思うのです。

今のところ、副作用といっても、それほど大きくはないのです。

国債の流動性が減少して、金利がやや上がったくらいです。

問題は、2年で2%という難しいとわかっていることを、無理やり力ずくでやろうとすれば、さらなる金融緩和を実施する可能性があります。

もしくは、インフレ率が2%になるまで、延々と資産を買い続けるということにもなりかねません…

そうなると、ますます、バブル発生の可能性が高くなり、また、バブルの大きさも大きくなって、破裂後のことを考えますと、恐ろしくなってきます。

要は国債金利の上昇が起こり、大問題を引き起こす可能性が高くなるということです。

欧州は、量的緩和ではなく、フォワードガイダンスを採用し、超低金利政策の効果を持続させようとしています。

米国もQE政策を縮小し、その結果としては、フォワードガイダンスを意識した金融政策となります。

そんな中、日銀だけが、2年2%と念仏のように唱えて、柔軟性のない政策を取っているのですね。

きっと、ブランシャールさんは、このようなことを言いたかったのではないのかと思うのでした。

あわせて読みたい

「アベノミクス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。