記事

Gunosy(グノシー)がクールじゃない広告掲載を開始。大量プロモもしてるしどういった戦略なのだろう。

画像を見る

Gunosy(グノシー)が7月9日配信分に広告が掲載されておりました。しかもバナー広告ではなく、記事の最上位の場所にシレって載ってます。個人的には凄い残念。

念のため、僕のだけじゃないかと確認したら、やっぱり他の方にも載ってるみたい。

記事風の広告にするならせめて3段目くらいにして欲しいし、最上位に載せるならピクチャーバナーにして欲しかった。。

掲載場所も気になりますが、Gunosy(グノシー)がどんなビジョンを描いているのかも気になります。ここでお話しするのはサービス向上のことではなく、ビジネス的なゴールのお話。

広告を掲載したということは、マネタイズを意識しているということなのでしょうか。僕はてっきりユーザーを集めてYahoo!さん等のニュースサイトか何かに売却する物だと思っておりました。

マネタイズ方法としてパっと思いつくのは

  • 会社ごと売却(これはマネタイズとは言わないけど、マネタイズできる可能性がある大手ポータルサイトに買って貰うという意味)

  • 一部有料化(精度を上げるのか配信数を増やすのか不明ですが、月額モデルに)

  • ユーザー数を増やして広告掲載

  • 集めたユーザーデータを利用して何かをする(データを売る?)

ってとこですかね。

ただ、正直メルマガみたいなものなので、広告掲載だけではスケールしない気がします。

VentureNowによると2013年2月時点での会員数は76,000人。もちろん悪くない数字だと思うけど、広告掲載で収益が上がるレベルではない。

もう1点気になるのが、Gunosy自体の広告出稿







よくわからんが、批判的な意見が多い(;・∀・)
そんなにいじめなくても。。

キュレーションサービス自体、競合もいくつかあるので、一気にシェアを取って独走状態に入りたいのは非常に理解できる。だから出稿はアリっちゃアリかと。

でも、2月に調達したのは3,160万円なので、この出稿規模だとスグになくなっちゃいそう。大丈夫なのだろうか。。会員数の伸びを示して更なる資金調達するのかな?

ツイートで、「広告効果悪そう」ってあるけど、確かにクリエイティブは微妙な気がする。オシャレすぎる。「賢い人はみんな使ってる」とか「使うほど賢く」じゃなくて、せめて「あなた専用のニュース配信」とか、「ロボットが集めるニュースサイト」とか「凄いニュース」とか、もうちょっと内容分かるようにした方が良いかも。今のままだと、何の広告か分からない。

僕なんかはIT系のニュース見てるから知ってるけど、一般の人は全く知らないからね。

こういった系のサービスは本当に出口難しいよな。Instagramよりも1人あたりのPV数少ないから、やっぱり売却が1番な気がする。稼ぐならクックパッド方式の月額有料会員。

Gunosyの精度が上がらないのは「クソ記事送るなカス」ボタンがないからでは?

「クソ記事送るなカスボタン」の名称はどうかと思いますが、確かに自分で少しカスタマイズできるようにしても良いかも知れないですね。

ちなみに僕は毎日Gunosy(グノシー)利用させて頂いております。Gunosyのみなさん頑張ってください。

あわせて読みたい

「Gunosy」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    日本にも「テスラ」は出現するか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。